ここから本文です

太陽光発電について

g13********さん

2017/1/1722:48:20

太陽光発電について

日本において、やっぱり太陽光発電はもう破綻しているのでしょうか。去年、サニックスの倒産がありましたが、固定価格買取制度が出来た42円時代に飛び付いた中小企業がどんどん倒産しています。

上手くいってる国もあるようですが、日本はなぜ上手くいかないのでしょうか。

晴れが少ない&他国から電気を融通出来ない&適した広大な土地が少ない

が主な原因だとは思いますが、他にあるでしょうか??

補足私は別に太陽光発電に否定的ではありません

なぜまだまだ石炭よりも、コストが2倍以上かかるのに、補助金出してまで普及させたかったのか??

実用性が出るまで研究段階で良かったのでは??

閲覧数:
534
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

n37********さん

2017/1/1804:54:55

>日本はなぜ上手くいかないのでしょうか。・・・
太陽光発電関連の事業にかげりが見えてきたってことで、
太陽光発電自体がダメになったわけではありません。
100%自家消費したり、
余った分を電気事業者に販売するうえでは問題はないはずです。

菅直人がつくった、
デタラメな制度に踊らされた事業者が行き詰っているだけのことです。
なぜ、デタラメな制度ができたのでしょうか?
もっとも迷惑を受ける国民が、
自分が儲かるかのように錯覚し、
自分のことのように事業者の心配をするからです、あなたのように・・・

>上手くいってる国・・・には、
他国と連係した送電網や
自然エネルギー専用の給電指令所があり、
自国だけではなく、他国を含めた送電網全体の、
瞬時の需要に供給を一致させる機能があります。

日本にはそれがありません。
それがないのに太陽光発電事業の拡大を煽った菅直人には、
犯罪的と言える責任がりますし、
乗せられた事業者は、
「騙されたヤツがバカなんだ」と言うべきです。
また、それらの迷惑はすべて国民が受けています。

  • 質問者

    g13********さん

    2017/1/1809:35:22

    ありがとうございます。

    現時点では、企業がある程度の利益を生みながら、安い電力を供給出来る可能性は限りなくゼロに近いわけですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/1/18 09:42:23

ありがとうございます。

菅直人があの震災では、死刑級に犯罪者なんだなと改めて思いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

him********さん

2017/1/1808:26:34

「補助金出してまで」

エネルギー関連は 補助金ねだりばかりだけどね
水力、原発なんかと比べると 太陽光がとくだん優遇されてるとは思わない
根本問題は 補助金が通産のさじ加減できまること


家庭用の小規模は別だけど 太陽光の発電コストはほかの発電方法と大差なし
ただし、石炭と比較するのはちょっと 都合の良いところばかりとってるんじゃないのか、どうして 石炭ばかりにならないのかもかんがえよー

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chi********さん

2017/1/1806:28:38



おおおおおお***な、政治家等が余計な口出しやって、政策をねじまげてしまってるんでしょうね! 市場でのメカニズムを使わないといけないのでしょう。コスト競争で安い側のを先に使うとか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chi********さん

2017/1/1723:58:56

サニックスはまだ倒産していません。
晴れが少ないことはありません。ドイツの130%以上発電します。
住宅用太陽光発電はなぜか中国製より2倍程度高いです。国内メーカーのカルテル的なものがありますが、売電価格低下によりそれも失われるでしょう。
広大な土地ですが、息絶えだえのゴルフ場をメガソーラーに変えれば一つ20MWですから、500個で10GWになります。
あと、日本の設置費用は施工効率が悪いのもあって高いです。外資は半分くらいでやっちゃいます。まだ改善すべき課題があります。

fis********さん

2017/1/1722:59:34

太陽光発電の利点は小規模でも効率が落ちず、分散に向くことと、北海道など一部を除いて日本では概ね電力需要のピークと発電量のピークが時間的に重なってピークカットを期待できることです。これらの利点を活かすには家庭や事業所の屋根上に設置して自家消費を補う形で利用するのが有効です。一方、いわゆるメガソーラーについてはこうしたメリットが全く活きず、大容量の不安定電源は電力系統に大きな負担を掛けてしまいます。
先行するドイツなどの失敗から分かっていたにも関わらず、メガソーラーを優遇するような間違った制度設計をしてしまったのが原因でしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる