ここから本文です

代償性変化とはどういう意味ですか? 呼吸療法認定の勉強してるんですが肺気腫は云...

pik********さん

2017/1/2513:11:48

代償性変化とはどういう意味ですか? 呼吸療法認定の勉強してるんですが肺気腫は云々カンヌン…
誤りを選ぶんですが 答えは呼吸性アシドーシスは代償性変化であるが答え〔誤り〕
正しい中には

代謝性アルカロージスは代謝性変化である。でした。
呼吸器勉強している方教えてください。今年この資格をどしても取りたいんですが 半端なく難しく 理解ができません。 お願いします。また
これからわからないこと 教えてほしいです。

閲覧数:
1,073
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tor********さん

2017/1/2513:57:44

大変ですね。
先ず、用語に関してですが、代償性というのは、ある事象が起こった時に通常の方法で解決できない、もしくは通常の方法で起こっている不都合な事象に対しては、別の機構が働いてこれを解決しようとする、その機構のことを代償性機構といいます。ある不都合を是正するためにプランAを行った、もしくはプランAを行って不都合が悪化した場合にプランBに変更し、これを是正する、、このプランBが代償性です。代謝性とは異なる用語です。ただ代謝性○○が代償性に起こることはあります。
さて、呼吸に関してですが、通常、ヒトの身体の細胞は適正ペーハー(pH)で機能がうまく働きます。これを至適ペーハー値と言います。ヒトの血液は弱アルカリ性(pH=7.4)を保つように働いていますが、病的状態、例えば、腎機能が悪化したり、虚血状態などが起こると、血液はアシドーシスに陥ります。これは代謝機構の破たんによる代謝性アシドーシスの状態です。このアシドーシスの状態では危険なので、代謝機構が異常なため、呼吸機能がこのアシドーシスを補正するため働くようになります。すなわち、過換気を行って血中の炭酸ガスが低下すると呼吸性アルカローシスの方向へ向かわせ、アシドーシスを補正しようとするのです。この機構を呼吸によるペーハー代償性機構です。逆にCO2ナルコーシスのように、血液中に炭酸ガスが溜まると、呼吸性アシドーシスになります。この状態を代償するために腎臓からのHCO3イオンの排泄を抑制して血液をアルカローシスの方向に向けようとする機構が働きます。これが代償性代謝性アルカローシス、要するに代謝性の変化となります。
呼吸性アシドーシスは血中に炭酸ガスが貯留する状態(CO2ナルコーシスのような)ですから、代償性ではなく、病的状態です。
頑張って、呼吸療法士を目指してください。

質問した人からのコメント

2017/1/25 22:01:08

詳しくたくさん書いていただきました。 なん度も読み返してテキストを見て理解していきます。
本当にありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる