ここから本文です

個人再生をしようと考えております。 しかし父親が私名義でゆうちょ銀行で貯金を...

アバター

ID非公開さん

2017/1/2513:13:10

個人再生をしようと考えております。
しかし父親が私名義でゆうちょ銀行で貯金をしています。
当然、入出金は父がしており通帳もカードも持ったままです。
私の借金はゆうちょからはありません。

銀行のローンばかりです。
名義だけ私の貯金があっても裁判所にバレずに
個人再生できますか?
個人再生の事は父には話せません。

閲覧数:
415
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pbg********さん

2017/1/2514:22:52

個人再生をする場合、財産目録や再生計画案を提出しなければならず、勿論預貯金も全て提出し、目録を作成しなくてはなりません。

財産隠しをした場合、個人再生の棄却、不認可、廃止、取消の処分を受ける可能性があります。
各段階でチェックされますので、どの段階で判明するかわかりません。

財産隠しをして一旦は再生計画案が認可されても、それが後からバレると再生計画は取り消されて、借金が元通りになってしまいます。

法に則っての手続きや処分なので、甘くお考えにならない方がよろしいですよ。

厳しいことを申しますが、この期に及んで、隠すことはおやめになった方がよろしいかと思います。
正直にお父様にお話しして、お父様自身のご名義の口座へ移してもらいましょう。

  • pbg********さん

    2017/1/2516:43:14

    貴女名義の財産は、実際に貴方が関与の有無は関係なく、貴方の財産として判断されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mic********さん

編集あり2017/1/2517:42:30

個人再生なり、債務整理を依頼すると、貴方の収入、家計の内容、財産、貯金通帳などを提出します。
一応は、提出されたもので全部だ、という前提で進めていくわけですが、裁判所はかなり細かいところまでチェックしますし、それがあるので、受任した弁護士(あるいは司法書士)のほうでも、申し立て書類を作成する前段階で、いろいろと調べて、貴方に聞いてきます。

給与の振込がどの銀行か、ローンの引き落としや電話代や光熱費の引き落としはどこの銀行か、引き落としでなければ、納付済みの領収書も必要で、あとは、食費や日用品を、どの口座から、どのくらいの引き出しているのか。

毎月の生活の流れから読み取れる、入金、出金の内訳が、銀行口座のお金の出入りとマッチしている。流れとして辻褄が合うなら、銀行口座はちゃんと提出してくれているな。と判断をします。

逆に、なにか不自然に話が合わないことがあれば、「他に口座がありませんか?」と聞かれますし、口座を経由せずに現金でやりとりしているというのであれば、領収書など、現金のやり取りを証明できるものの提出が求められます。

辻褄が合わない例として、たとえば、源泉徴収票をみたら、生命保険料控除があるのに、保険証券の提出がないし、保険料の支払いが見当たらない。これは、ほかに口座があるのでは?などとみられるような、本当に、細かいことまで見て、話があわないと、個人再生を申し立てても棄却されるかもしれないので、絶対に何らかの説明が可能な状態にしなければなりません。

さて、そこで、ご質問の、「自分名義だが、自分はまったく関係していないゆうちょ銀行口座」ですが、これ、本当に貴方がまったく係わっておらず、貴方の生活にまったく表に現れないのであれば、そのままバレない、という可能性は十分にあります。

でも、口座は名義の本人であることを証明しないと作れませんから、貴方は、自分の名義の口座があることを知っている以上、言わないのは、ごまかすことなので、やはり、良いことではありません。

バレない可能性が高いから、隠すのは貴方の自己責任ですが、ここはやはり、委任した弁護士、司法書士に、きちんと話して、どう処理するかを相談するべき内容です。

ただし、相談すれば、まずほとんどの場合は、「貴方の名義である以上は、貴方の財産として計上して、債務整理を進めるしかない」という話になり、今後の債務整理の進め方に大きな影響を及ぼします。

口座の残高が高額で、貴方の債務くらいは、ここから相当額返せる、なんていう場合は、返済して、残りは任意整理でやれるのでは?などと、申し立て棄却の可能性。

また、個人再生でいけるとしても、その口座の金額を清算価値保証に加えなければならず、再生弁済する金額が高くなる可能性。(債務の5分の1と、貴方の財産とみなされる額の合計額を比べて、高い方が、弁済する金額になります)

など、いろいろと影響が考えられる以上は、貴方がとれる道は

(お勧めはしませんが)ばれないことに賭けて、ゆうちょの口座はとぼける。万一、ばれたときは、再生不認可を覚悟する。
まあ、それでもばれたときは、そのときで、補正を掛けられて再生弁済額に加算することと、「申告しなかったのは親が勝手に管理していた口座だったからで、法的にも自分の口座と言う見解なら修正する」なんていう説明文をつけて追完すれば、再生は通してくれるかもしれませんが(それが、弁護士の腕、というものです)

または、ばれたときにやるのと同じことを、最初から、正直に自分から言って、その方向ですすめてもらうこと。


そうでなければ、親に言って、「個人再生するから、俺のものでもない金が、俺の名義で存在するのは困るんだ」と、全部、親の名義に移してもらい、自分の口座をなくすこと。

ただし、それも、本来は、自分の財産を親に移して、財産隠しをしたのではないか、と疑われるものですから、それに備えて、親のほうに、「親が勝手に口座を使っており、名義本人の金は全く関わっていない」と一筆入れれ貰うようななしです。

いずれにしても、やっかいなことをしてしまったものです。
正直に、依頼先と相談してみてください。貴方に、ばれたときのリスクを説明したうえで、「黙っていましょう」という判断をするかもしれませんから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる