ここから本文です

武士階級が禅宗、商人は日蓮宗、農民は浄土宗、差別階級は真言宗というような区別...

yuz********さん

2017/1/2520:08:46

武士階級が禅宗、商人は日蓮宗、農民は浄土宗、差別階級は真言宗というような区別が今もあり、宗派を聞けば、先祖がわかってしまうというようなケースもみられる場所はどこですか

閲覧数:
11,082
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gre********さん

2017/1/2520:17:23

日本で最も寺院数が多いのは曹洞宗ですが、農村地帯に積極的に普及した名残りです。

特に室町時代に武士に好まれた禅って、臨済宗のことです。
臨済宗は小規模な宗派です。

曹洞宗の本山は京都ではなく、田舎の山の中にあるでしょう。
むかしから、田舎を拠点として布教活動していましたし、田舎禅とも言われていました。

浄土宗は北陸地方では強かったですが、九州、特に薩摩じゃ布教していません。(禁教扱いになっていた)

私の出身地域では、農村部の農民は禅宗です。
私の先祖も農民なので、家の宗教は禅宗です。
そもそも、禅寺しかないので選択肢がありません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる