ここから本文です

アリルアルコールは毒物となっていました。 「アリルアルコールの毒性は、代謝物...

met********さん

2017/1/2920:49:11

アリルアルコールは毒物となっていました。
「アリルアルコールの毒性は、代謝物であるアクロレインの影響が大きいと考えられる」と下記に有りました。

http://www.cerij.or.jp/evaluation_document/yugai/107_18_6.pdf
しかし、アクロレイン自体は劇物です。
この差はなんでしょうか?
分かる方、教えてください。

閲覧数:
233
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2017/1/3100:19:58

マウスのLD50 経口
アリルアルコール 85-96mg/kg
アクロレイン 42mg/kg
とアクロレインの方が毒性は強いですよ。
また、ドラフトで使用する場合、アリルアルコールは、排気ガスを大気中にそのまま放出してもいいのですが、アクロレインは、排ガスを焼却するように法律で決まっています。
毒劇物法の分類が、他の法律にそのまま適用できるものではありません。
その法律の取り決めに従うのですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/2/1 12:45:24

まぁ法律がいい加減なのは解っていたことでは有りましたが・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる