ここから本文です

高橋是清が殺されたあと

bri********さん

2017/1/3015:04:01

高橋是清が殺されたあと

それまで、国債を減らそうとか言って

削られていた陸軍費など

軍事機密費が野放図に出し放題になって

戦争に突き進んだのでしょうか?

緊縮財政で

軍部は予算を削られて

高橋是清など

政治家、政党を恨んでいたのでしょうか?

軍部は、自分達が被害者と思っていたのでしょうか?

閲覧数:
140
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

brz********さん

2017/1/3019:25:25

自分たちが被害者だと思っていた、というのはその通りですね。

彼らには経済というモノが分かっていないので、自分たち軍人の生活が苦しく、国民が貧しい状態に置かれたままでいるのは「政治家が悪い」とか思っていたんでしょう。

実際には、自分たち軍人が満洲で不必要な軍事行動を起こして無駄金を使っているから給料が安く抑えられることになっているということになっていましたし、その軍事費を捻出するために税金を沢山取られるせいで国民が貧しい状態に置かれていたんですが。

質問した人からのコメント

2017/1/30 19:28:20

ご回答ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

goi********さん

2017/1/3017:44:46

少なくとも高橋の緊縮財政下で改装された空母『赤城』は

高角砲を削られた上に1段上に動かす事が出来なかったため、艦直上への射撃が出来なくなり、緊急発艦用のカタパルトも開発中止、燃料庫の改良もされず、機関も改良されず、格納庫の拡張もされず、レーダーの開発もされずに太平洋戦争に突入しました

ミッドウェイ海戦で接近する敵機を発見する事は出来ず、敵機が直上から急降下してきたのを迎撃する事は出来ず、発艦準備中の零戦を緊急発艦させる事も出来ず、被弾後に無理やりな改装で迷路になっていたせいで消火活動もはかどらず、僅か爆弾1発でスクラップになり、自沈処分となりました

ちなみにレーダーの基礎技術であるアンテナとマグネトロンは東北帝国大学で開発されていました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる