ここから本文です

受変電設備のEVTは、絶縁耐力試験から除外されていますが、もし印加するとどの様な...

iro********さん

2017/2/113:48:25

受変電設備のEVTは、絶縁耐力試験から除外されていますが、もし印加するとどの様な事が起こるのでしょうか?
EVTは定格6.6kV印加電圧は10,350Vです。

閲覧数:
2,048
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

KisinJiroさん

2017/2/520:16:54

①メーカーは絶縁耐力試験から除外することを指示しています。電気設備技術基準の解釈も除外することを許容しています。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/faspec/detail.do?ki...
②耐圧試験時の絶縁測定:試験前、試験後に絶縁測定を行い絶縁が確保されていることを確認するよう指定されています(100MΩといったレベルのもの)
③絶縁耐力試験の際、EVTが接続されていると②のデータが取れません。従って産業保安監督部は絶縁耐力試験と見做してくれないと思われます。

質問は①②③を十分承知の上で、電圧を掛けたらどうなるかという事だと解釈します。
回答:何も起こりません。(抵抗を経由する漏洩電流が増加するぐらい)
ただし接続ミス等の際、1000kVA変圧器などと比較すると破損の可能性が遙かに高い。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poc********さん

2017/2/301:18:38

>絶縁耐力試験から除外されていますが、

試験を簡略化するために除外されているだけで試験しても構いませんよ。
普通に耐圧試験するだけです。

sae********さん

2017/2/223:50:02

EVT(接地型計器用変圧器)の絶縁性能については、電技・解釈第16条第6項四号イで、「JIS C 1731-2又はJIS C 1736の「耐電圧」に適合するもの」とされています。
JISで検索してください。

2017/2/215:58:46

irohan700さんへ。
常時高圧にさらされているEVTの耐力試験もするべきでしょう。
その折は高圧側を短絡して印加、低圧側と筐体の接地をしてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる