ここから本文です

二酸化炭素の溶解平衡において、ヘンダーソンハッセルバルヒの式を用いる時の6.1は...

eas********さん

2017/2/418:37:40

二酸化炭素の溶解平衡において、ヘンダーソンハッセルバルヒの式を用いる時の6.1はどこから導出されるんですか?

閲覧数:
78
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ari********さん

2017/2/422:00:43

25℃ では CO2 の pK1°=6.35 だが 体温 37℃ に於ゐては pK1°=6.30 に減少する。此の値を人の体液中のイオン強度:μ=0.16 を用ゐて デバイ・ヒュッケルの理論 から pK1=6.1 へ補正したものと思われる。
pK1=pK1°ー(0.509*√μ)*{1/(1+3√μ)+1/(1+√μ)}=6.1

質問した人からのコメント

2017/2/4 23:30:44

そんな補正があるんですね!ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる