ここから本文です

標準化について。

kam********さん

2017/2/1219:00:04

標準化について。

偏差値点と素点、標準化の違いがいまいちわかりません。
標準化は選択科目などで得点差がひどくならないように調整する(例、日本史平均70点のテストで80点を取った人と世界史平均60点のテストで70点を取った人が同じ評価になる)ということなのでしょうか?
また、英語や国語など選択でない科目を標準化する場合本来の点数からどのように変わるのでしょうか?
よろしくお願いします

閲覧数:
952
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

2017/2/1415:30:00

選択科目の標準化:平均点と標準偏差(得点のばらつき)との関係

例えば日本史:平均点60点 標準偏差10 得点71点
数学 :平均点50点 標準偏差20 得点70点

この場合平均点50点の難しい数学で70点取った方より
平均60点の比較的楽な日本史で71点取った方が補正されて
点数が上になります。

よって違った科目を平等に評価するには平均点だけでなく
標準偏差が用いられます。

必須科目の標準化は各大学によってどう対応するのか
違ってくるので確認が必要だと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる