ここから本文です

相続問題で「相続欠格者であり当事者適格がない」の意味は?

アバター

ID非公開さん

2017/2/818:49:16

相続問題で「相続欠格者であり当事者適格がない」の意味は?

――――――――――
「①相続欠格者であり②当事者適格がない」ですが

文章の書き方を勉強していて、表題を考えました

質問はー
①だけ言って、②当事者適格を言い表していませんか。
①と②を連れ立てないと、日本語の表現になりませんか

閲覧数:
43
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

大原 秀さん

2017/2/818:54:48

相続欠格者というのは民法上の表現で、相続権がないことを示します。

当事者適格がどうこういうのは民事訴訟法上の表現で、相続人として訴訟行為ができないことを示します。

①だけ言って②は表せません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/13 15:29:02

参考になりました

助かりました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pot********さん

2017/2/906:39:50

>「①相続欠格者であり②当事者適格がない」ですが

これは絶対におかしい。

>「原告は相続欠格で相続権がない」はダメで
「原告は相続欠格だから当事者適格がない」の主張がベストと
これで原告提訴は即刻に退けられると。

ならない。

そもそも当事者適格がないという主張が法的に間違っている。

仮に当事者適格の問題だとしても即刻訴え却下にはならない。

だって、相続欠格であることを審理しなければならないから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる