ここから本文です

かかりつけの獣医さんのところで、両側の乳腺の摘出手術が必要と言われました! ...

アバター

ID非公開さん

2017/2/1015:24:26

かかりつけの獣医さんのところで、両側の乳腺の摘出手術が必要と言われました!
全身麻酔をするのだから一緒に避妊手術もした方がいいと言われました!

本当に避妊手術をした方がいいのか?

手術費用はいくらなのか?

経験者の方、詳しい方よろしくお願いします!

閲覧数:
73
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mai********さん

2017/2/1015:55:31

あくまでも個人の見解に過ぎませんので、参考程度として読まれて下さい。

腺癌は避妊手術を併用することで、予後に大きな差が出ると言われています。
避妊手術を行うことをお勧めします。

術前には麻酔の影響が無いか等、他の臓器についても血液検査(スクリーニング)を行い評価をします。
※転移が無いか胸部レントゲンにて肺の検査を行う必要があります。

両側発生の乳腺切除術の場合、重症化している乳腺の片側全摘を行い、予後をみて、再度反対側を全摘する方法が一般的です。
※一度の手術で両側乳腺全摘は、通常はあまり行われていません。

摘出した乳腺と腫瘍の悪性度の検査、反応層の外側まで切除されたかどうか、切除縁をすべて検査する必要があります。

術前検査 20,000万円~
乳腺切除術(両側/片側全摘) 102,030円~
卵巣/卵巣子宮摘出術(正常)~79,815円
病理組織学的検査 10,000円~

全ての検査と手術には、およそ 200,000円程度の費用が掛かると思います。

お大事になされてください。

アバター

質問した人からのコメント

2017/2/10 20:24:38

有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

puy********さん

2017/2/1019:33:56

うちの子は13歳と高齢でしたが避妊手術しておらず、卵巣に膿が溜まる病気になりかけていました。
手術しなければいつか膿がたまりすぎて最悪な場合卵巣が破裂すると・・・
もしくは卵巣から子宮に膿がいくとか想像するだけで可哀想な状態だと思いました。

なので避妊手術をすれば治るしそういった心配も無くなるとの事なので全身麻酔で迷いましたが今後一緒にいたいから勇気を出して手術しました。

ついでに左の一番下後ろ足の付け根の乳に乳腺腫瘍があり約2cm×2cmサイズでしたが摘出一緒にして貰いました。
全身麻酔がネックだったのでどうせ全身麻酔するなら一緒にとって!とお願いしました。

費用は
血液検査 5000円
麻酔 8000円
避妊手術 20000円
乳腺腫瘍摘出術(1ヶ所)20000円(腫瘍部分だけ摘出、乳腺全部ではないです。)
病理検査 12000円
内服薬(術後感染予防用)10回分で1000円
入院費 1泊3000円
でした。(参考までに)

腫瘍をとった部分に問題が無ければ1泊で退院出来るとの事でしたが、退院した次の日が病院が休みだったので私はもし休みの日に何かあったら怖いのでって事で全部で3泊入院させて連れて帰りました。

ちなみに病理検査の結果腫瘍は一部悪性、でも他に転移はしておらず完全に手術で摘出できてるとの事でした。
麻酔ついでとはいえ一気に2箇所も切りましたが結果悪性で転移してたらって考えると自分の判断は良かったんだ!って思えてわんこにいっぱい頑張ったね!って褒めて泣いてしまいました。

今は手術前より元気になってます。
餌も余り食べなかった子ですがモリモリ食べるようになりました。

金額とか手術方法とか獣医さんときっちりお話した方がいいですよ?
病院によって違いますし、私はこの子の命を預けるからには疑問点とか一切無いように一から十までわかるよう、納得できるまで質問しました。
表現としてわかりやすくですが結構卵巣破裂とかって怖い事も言われましたが、全て理解した上でこの先生はいい事悪い事全てちゃんと話してくれるって信頼し任せる事が出来ました。

なので避妊手術した方がいいって言われたのであれば、なぜ避妊手術をした方がいいのか?メリットはどんな事があるのか?デメリットはないのか?等質問していいと思います。
それで納得出来て金額も大体にはなりますがこのぐらいの金額になりますって聞けば教えてくださるので納得出来たらお願いしたらいいと思います。
大切な家族の命ですので、金銭的な事を病院で聞くのって抵抗あると思いますが病院によって違いますし、麻酔でも注射のみもあれば注射して呼吸器に麻酔を混ぜてって方法もあるのでそういったのも直接聞いたほうがいいと私は思います。

huk********さん

2017/2/1016:19:46

避妊手術もした方が乳腺腫瘍の再発予防になると言われていたのですが、その後変わらないのでしなくていいと言われていました。
その後やはりした方が良いとなり、はっきり言って獣医によって別れるみたいです。
料金面もあるのであとは飼い主次第。ただ、乳腺腫瘍にもなり、さらに子宮蓄膿症になる子もいます。
子宮蓄膿症は、乳腺腫瘍摘出時に一緒に避妊手術しておけば予防できます。
あの時やっておけばと後悔するのは、高齢になってから。
それから、手術を選択するのは結構悩みますね。
もちろん子宮蓄膿症に絶対になるというものでもないので、絶対した方が良いと断言できないのが残念です。

料金に関しては、病院で見積もりを出してもらってください。
避妊手術も一緒となると、結構病院によって料金は変わりますよ。

amu********さん

2017/2/1015:29:51

私の周りでは、動物もセカンドオピニオンが必要だと言われています。
最初に切らないと死ぬと言われて、2軒目の病院では違う診断が下される事もあるようです。

他の病院でも同じ事を言われましたか?

避妊手術ですが、これも回りに聞くと、一度に色々やるよう勧める所もよくあるみたいですが、実際に犬の負担を考えて、あまりしつこい病院は避ける人もいます。

現実に、一度に色々されて、終わってからぐったり弱ってしまった子もいます。
他の飼い主さんにも話を聞いてから、じっくり考えて決めて下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる