ここから本文です

中国共産党をどう思いますか? あるいは好きですか、嫌いですか?

アバター

ID非公開さん

2017/2/1511:04:32

中国共産党をどう思いますか?
あるいは好きですか、嫌いですか?

閲覧数:
255
回答数:
26
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

itaru327さん

編集あり2017/2/1715:29:19

まぁ意見は様々あるのは分かりますが、中国に対する不必要な暴言はやめましょう。
しかも返答者の方々が挙げられている話は実際証拠として残っていない物が大半です!!
この様な場で意見を言う際は気を付けてください

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/25件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qbconf29475さん

2017/2/1513:36:19

日中戦争を単に「日本の軍部の暴走」だとか、「明治憲法の欠陥」「参謀本部の無能さ」などで説明することは、単なる一面の説明にすぎません。戦争の原因を日本国内のことだけで説明しようとするのは、自虐史観におとしいれるものです。
日中戦争とは、中国人からの度重なる戦争への挑発を受けた日本が、やむなく中国の内戦を平定するために乗り出していった行動でした。日本はその中国内戦に終止符を打ち、そこに、中国人による近代的国家をつくることを支援したいと考えていたのです。
日本は中国を「侵略」したというより、同じアジアの同胞である中国の再生を願い、手を差し伸べたのです。日本の進出は、中国の国民党軍や共産軍からみれば「侵略」だったとしても、中国の民衆からみれば「救済」だったのです。

中国の「正しい歴史認識」の正体
日本は、内戦に明け暮れる中国を救おうとした。
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi04.htm

日中戦争の真実
当時のローマ法王も、中国での日本の行動を支持した。
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi05.htm

「南京大虐殺」は捏造だった
日本兵の犯罪は少数あったが、「大虐殺」はなかった。
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/nankingmj.htm

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

obsfw31946さん

2017/2/1513:30:14

中国の「臓器狩り」は医療でなく産業だ。
これが恐るべき中国の「臓器狩り」の実態だ。
2017年1月

■法輪功信者を消滅させよ
元中国国家主席・江沢民の号令で開始された法輪功に対する迫害は、間違いなく今世紀最大の人権弾圧の1つだ。
その範囲は中国大陸に留まらず、台湾、香港など法輪功信者が多く居住する国や地域、その他欧米諸国や東アジア、東南アジア各国など、中国大使館や領事館のある場所ならどこにでも広がり、信者のみならず、その家族や縁者らに対する嫌がらせが続いている。
規模だけではない。世界に冠たる拷問文化の国柄だけに、中国共産党政府による迫害の種類と手段は、実に多岐多様にわたる。軍や警察、諜報機関などを駆使し、信仰を放棄しない者に対しては長時間に及ぶ殴打、電気ショック、集団による性暴力、薬物強要、過酷な強制労働、睡眠剥奪、言葉による侮辱や脅迫等々、およそ考え得る全ての方法を総動員して転向を迫る。
しかし、中でも突出して凶悪かつ仮借ない迫害が、昏睡状態にした信者の生体から心臓、肝臓、腎臓、角膜などの主要臓器・器官を盗み取る「臓器狩り」の蛮行である。
法輪功に対する本格的な迫害が開始されたのは、1990年代の終盤に遡る。この頃、法輪功の信者はすでに7000万人を突破し、中国共産党の党員数を凌駕していた。
1999年4月、天津での信者不当逮捕を受け、法輪功のメンバー約1万人が中南海を囲んで無言の抗議行動を起こした。これに脅威を感じた当時の最高指導者・江沢民は、1999年7月20日、法輪功に対する殲滅作戦の開始を宣言する。
「3カ月以内に法輪功を消滅させよ」
「肉体を消滅させ、名誉を失墜させ、財力を奪え」
警察により拘束された法輪功信者が残忍な拷問を受けたうえで人体実験に利用されたーなどの例は、すでに2000年代初頭から聞こえていたが、「臓器狩り」が事実として浮上してきたのは2006年4月のことだった。

The organ hunting of China is industrial not medical care.
This is the actual situation of the dreadful "organ hunting" of China.
January, 2017

■Abolish Falun Gong believer
I am reliable, and the persecution for Falun Gong started by a command of Jiang Zemin a former Chinese President is one of the suppressions of human rights greatest in this century.
The range does not remain in Mainland China and opens anywhere if it is a country and an area, other American and European countries and East Asia, the place with China embassy and the consulate including each Southeastern Asian country where Taiwan, a lot of Falun Gong believers including Hong Kong live in, and the harassment for not only the believer but also family and relative and others continues.
It is not only a scale. Only in on the conditions of a country of the torture culture to be outstanding in the world, a kind and the means of the persecution by the Chinese Communist Party government cross many divergences variously really. I make full use of the military and the police, a secret intelligence service and I mobilize all the methods of all quite conceivable such as a blow for the long time, electronic shocks, the sexual violence by the group, drug compulsion, severe forced labor, sleep deprivation, an insult or the threat by words for the person who does not abandon faith and press it for conversion.
However, I project above all, and brutal and merciless persecution is a barbaric act of "the organ hunting" to steal the main organ, organs such as heart, liver, kidney, the cornea from the living body of the believer who did it in a coma.
It dates back to the end game of the 1990s that full-scale persecution for the Falun Gong was started. The believer of the Falun Gong already broke through 70 million people these days and surpassed the number of the party members of the Chinese Communist Party.
In April, 1999, I received a believer injustice arrest in Tianjin, and approximately 10,000 members of the Falun Gong caused a silent protest movement around Zhongnanhai. Then supreme leader, Jiang Zemin who felt a menace in this declares a start of the extermination operation for the Falun Gong on July 20, 1999.
Abolish Falun Gong within three months
I abolish the body and let you lose honor, and take financial power
The example which was used in experiment on a human body after Falun Gong believer restricted by the police received brutal torture had been already audible from the early 2000s, but it was April, 2006 that "organ hunting" surfaced as a fact.

njofibf26498さん

2017/2/1513:28:42

中国の「臓器狩り」は医療でなく産業だ。
これが恐るべき中国の「臓器狩り」の実態だ。
2017年1月

■ある女性の告発
移植認可病院である遼寧省の蘇家屯(SOKATON)医院で夫が医師として働いていたという「アニー」と名乗った中国人女性が、ワシントンDCで開かれたシンポジウムで衝撃的な証言を行ったのである。彼女自身も病院の職員として長年勤務していたという生々しい体験談は、聞く者を戦慄させた。
彼女の夫は2年余りの間に2000件ほどの角膜摘出手術を行い、そのたびに月給の何十倍もの現金が支給されていたという。角膜だけではない。心臓、腎臓、肝臓、肺臓・・・・・目ぼしい臓器を抜かれて空洞同然となった法輪功信者の遺体は、そのままボイラーに放り込まれて次々焼却されていった。

The organ hunting of China is industrial not medical care.
This is the actual situation of the dreadful "organ hunting" of China.
January, 2017

■Accusation of a certain woman
The Chinese woman whom a husband gave with "Annie" who worked as a doctor in a person of resurrection doctor's office to hang around (SOKATON) of Liaoning that was a transplant authorization hospital gave the testimony that it was shocking at a symposium open in Washington D.C. The vivid experiences that herself had been working as the staff of the hospital for many years let a person to ask shudder.
Her husband performs the cornea extraction operation approximately 2,000 during more than two years, and it is said that I was paid cash of dozens of times of the salary each time. It is not only cornea. Heart, kidney, liver, lungs ..., a valuable organ were pulled, and the corpse of the Falun Gong believer whom a cavity became same as was thrown into the same boiler and was burnt up in sequence.

moajei20457さん

2017/2/1513:27:00

中国の「臓器狩り」は医療でなく産業だ。
これが恐るべき中国の「臓器狩り」の実態だ。
2017年1月

中国「臓器狩り」の闇
2016年01月17日 17:41
http://blog.livedoor.jp/nomuhat/archives/1050098017.html
*目撃者による証言
キルガー:(蘇家屯医院で)実際には何が起こったのですか。まず食糧の調達量が増え、それから手術器具が増えたのでしょうか?
アニー:(略)領収書を見て、購入する食糧が急激に増えていることに気づいたのです。それに加えて、物資担当の人たちが法輪功信者が拘束されている場所に食料を届けていました。
キルガー:法輪功信者が拘束されていた場所は地下の施設だったのでしょうか?
アニー:病院の裏庭です。(略)何カ月かしたら、食料や他の備品などを購入する量が減ってきました。
キルガー:それらの量が減ったのはいつですか?
アニー:四ヵ月後か五ヵ月後です。
キルガー:2001年の終わりですね?
アニー:はい。
キルガー:(略)そこには何人くらいいたと思いますか?
アニー:法輪功の食料を調達して届ける係の 責任者から聞いた話では、「大体5000人から6000人は拘束されていたそうで す。そのころ中国各地で、たくさんの公安局や病院が法輪功信者を拘束していました。病院で働く人の多くは法輪功信者ではありません。私も違います。(略)
離婚した彼女の当時の夫は、この病院に勤務する医師だった。
アニー:最初のうちは、元夫も(略)法輪功の信者だとは知りませんでした。彼は脳神経外科医です。角膜の摘出をしていました。そして2002年になって、自分が手術しているのは法輪功信者だと気づいたのです。うちは臓器移植専門の病院ではないので、ただ摘出するだけでした。(略)
キルガー:手術される人たちは、生きていましたか。それとも死んでいましたか?
アニー:通常、そういった法輪功信者たちは、心臓麻痺が起こるような薬品を注射されていました。そして手術室に運ばれ、臓器を摘出されます。注射のせいで心臓は止まっていますが、脳はまだ機能しています。(略)
キルガー:あなたの元夫は角膜を摘出した。手術の後、角膜を取られた人たちはどうなったのでしょう?
アニー:他の手術室に運ばれていきました。心臓、肝臓、腎臓などを摘出するためです。夫はある手術で他の医師と一緒になったときに、彼らが法輪功の信者だということを知ったそうです。それから、彼らが生きたまま臓器を摘出されるということや、角膜だけでなく他の臓器も取られるということも、おなじ時に知りました。
キルガー:他の臓器の摘出は他の手術室で行っていたのですよね?
アニー:後になって、医師たちが共同で作業するようになり、それからは一緒に手術を行うようになりました。最初のうちは情報が漏れるのを恐れて、臓器ごとに摘出する医師と手術室を変えていたのです。でも後になって、お金が入るようになると、もう何も恐れなくなりました。おなじ部屋でさまざまな臓器を摘出するようになったのです。(略)うちの病院で手術された信者は、腎臓や肝臓などの臓器が摘出され、皮膚が剥がされると、後はもう骨と肉ぐらいしか残りません。そういった遺体は、病院のボイラー室に放り込まれました。

The organ hunting of China is industrial not medical care.
This is the actual situation of the dreadful "organ hunting" of China.
January, 2017

Darkness of "the organ hunting" in China
2016/1/17¥¥¥¥¥¥\ 17:41
*Testimony by the eyewitness
Kill garfish: What really happened (in a person of resurrection doctor's office to hang around)? At first quantity of procurement of the food increased, and then would surgical instruments increase?
Annie: (abbreviation), to see a receipt, noticed that food to purchase suddenly increased. In addition people in charge of supplies sent food to the place where Falun Gong believer was restricted.
Kill garfish: Would the place where Falun Gong believer was restricted be underground facilities?
Annie: It is the backyard of the hospital. (abbreviation) when lent it how many months, quantity to purchase food or other equipment decreased.
Kill garfish: When is it that those quantity decreased?
Annie: Four months later or five months later.
Kill garfish: Is it the end of 2001?
Annie: Yes.
Kill garfish: (abbreviation) how many people think that was there?
Annie: By the talk that heard from the person in charge of the person in charge who supplied food of the Falun Gong, and sent it "6,000 seemed to be restricted from about 5,000". In Chinese each place, much Department of Public Safety and hospitals restricted Falun Gong believer at that time. Most of people working at a hospital are not Falun Gong believers. I am different, too. (abbreviation) the husband at the time of hers divorced was the doctor who worked in this hospital.
Annie: In a beginning, I did not know that a former husband was a believer of the Falun Gong (abbreviation). He is a neurosurgeon. I extracted the cornea. And it was 2002 and noticed that it was Falun Gong believer that oneself was operated on. Because a house was not the hospital where was specialized in organ transplantation, I only merely extracted it. (abbreviation) kill garfish: Did people operated for live? Or were you dead?
Annie: Such Falun Gong believers were usually injected the medicine which heart failure happened into. And it is carried to the operating room, and an organ is extracted. The heart stops because of the injection, but the brain still functions. (abbreviation) kill garfish: Your former husband extracted cornea. After an operation, what would happen to people who had cornea stolen?
Annie: It was carried to other operating rooms. This is because it extracts heart, liver, kidney. When it became with other doctors by a certain operation, the husband seemed to know that they were believers of the Falun Gong. Then I knew that I had an organ being extracted with their living and not only the cornea but also other organs stolen at same time.
Kill garfish: Did the extraction of other organs reach in other operating rooms?
Annie: Doctors came to work jointly and then came to be operated on together later. I changed an operating room with a doctor to extract every organ for fear of information leaking out in a beginning. But I was afraid of nothing anymore later when money came to be included. I came to extract various organs in the same room. (abbreviation) when the organs such as kidney or the liver are extracted as for the believer operated for at our hospital, and skin is torn off, only a bone and meat already stay afterward. Such corpse was thrown into the boiler room of the hospital.

lbaigbs34621さん

2017/2/1513:25:19

中国の「臓器狩り」は医療でなく産業だ。
これが恐るべき中国の「臓器狩り」の実態だ。
2017年1月

アニーの元夫は、2年ほどのあいだに2000人ほどのドナーから角膜の摘出手術をおこなった。そのたびに月給の何十倍もの現金が支給され、彼女の元夫は通算で数十万ドルの現金を手にしていた――とアニーは言う。
角膜以外に摘出される臓器は、心臓、肝臓、腎臓が多かった。たとえば肝臓なら、摘出された臓器は約20万元(約300万円)でレシピエント(患者)に移植されていた。
彼女の証言を皮切りに、中国共産党の悪魔の所業である「臓器狩り」の実態調査に乗り出したのが2人のカナダ人、デイビッド・マタスとデイビッド・キルガーだった。
マタスはカナダで人権派弁護士として知られ、民間に与えられる最高栄誉であるカナダ勲章を受章した法曹界の大物。一方のキルガーは、弁護士資格を持ちながら国会議員も務め、アジア太平洋担当大臣などの要職を歴任した政界の重鎮でもあった。
直ちに行動を開始した両名は、主に調査官によって証拠を集めた。そして2006年7月に最初の調査報告を、2007年1月に2度目の調査報告書を提出した。彼らが入手したデータを元に、法理論を駆使して得た結論は、1度目も2度目も同じだった。
「法輪功信者に対する組織的な臓器狩りは確かに行われ、そして現在も続いている」
移植手術を希望する中国人患者たちの間で、法輪功信者の臓器はとりわけ歓迎されるという。彼らは同じ民族であるうえ、信仰上の理由から酒もタバコもやらずに健康的な生活を送っているので、臓器源として極めて優秀なのだ。
2人のデイビッドによる調査結果は、2009年、『Bloody Harvest』(邦題=中国臓器狩り、アスベクト刊)として1冊にまとめられた。そしてこの調査報告が、中国で行われている臓器売買の事実を世界に伝播し、各国のメディアを動かしたのである。
結果、2008年にはイスラエルで最初の臓器移植法が成立して、移植手術のための中国への渡航が禁止となり、国際移植学会が臓器売買と移植ツーリズムの禁止を求めた「イスタンブール宣言」を採択。2010年にはスペインが移植ツーリズムと臓器売買に対応できるように刑法を修正し、2015年には台湾が人体移植に関する法改正を行って事実上、中国大陸への移植渡航を禁止した。

The organ hunting of China is industrial not medical care.
This is the actual situation of the dreadful "organ hunting" of China.
January, 2017

Former husband of Annie performed the extraction operation of the cornea from the donor approximately 2,000 during approximately two years. Cash of dozens of times of the salary is paid, and her former husband says to - - and Annie who had cash of hundreds of thousands of dollars in her hand in total each time.
The organ extracted other than cornea had many heart, liver, kidneys. For example, the organ that liver was extracted was transplanted for approximately 200,000 yuan (approximately 3 million yen) by a recipient (patient).
With her testimony as a start, it was two Canadians, David Matas and David kill garfish to have started fact-finding of "the organ hunting" that was devilry of the Chinese Communist Party.
The big game of legal circles presented with the Canada decoration which was the best honor that Matas was known as human rights group lawyer in Canada, and a civilian was given. One kill garfish was a man of influence of the politics where the Diet member successively held the important posts such as duty, the Asian Pacific charge minister while having a lawyer qualification.
The both persons who started an action promptly collected evidence by an examiner mainly. And I submitted the second working papers by the first survey in January, 2007 in July, 2006. As for the conclusion that they made full use of a principle of law theory for the cause, and got the data which they obtained, both the first and the second were the same.
It is said that, in particular, the organ of the Falun Gong believer is welcomed among Chinese patients in hope of the spare-part surgery that "the organized organ hunting for the Falun Gong believer is surely carried out and continues now". Because they are the same races and live a healthy life without doing both the liquor and the cigarette from a religious reason, it is extremely excellent as an organ source.
The findings by two David was summarized in one book as "Bloody Harvest" (title in Japanese = China organ hunting, Asubekuto) for 2,009 years. And this survey transmitted a fact of organ trade carried out in China to the world and moved the media of each country.
First Organ Transplant Law is passed in Israel in result, 2008, and a voyage to China for spare-part surgery is prohibited and adopts "the Istanbul declaration" that an international transplant society demanded organ trade and prohibition of the transplant tourism from. I revised the criminal law so that Spain coped with transplant tourism and organ trade in 2010 and Taiwan performed law revision about the human body transplant in 2015 and prohibited a transplant voyage to Mainland China virtually.

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。