ここから本文です

【皮膚科 陰部横の痒み】【画像注意】

アバター

ID非公開さん

2017/2/1602:56:21

【皮膚科 陰部横の痒み】【画像注意】

数日前から痒みがあり、無意識に掻いてしまっていたのですが、先ほどふと見てみるとこうなっていました。蒸れている感覚がここ最近あった感じがしました。蒸れてる感じがしたため掻いてしまった感じだと思います。

今はできるだけ掻かないようにはしていますが、どうすればよいでしょうか?
またこれはインキンタムシなどの類でしょうか?
あと残念ながら未経験者です。

よろしくお願いします。
(画像で不愉快になられました方が居られましたら申し訳ございません)

インキンタムシ,陰部横,皮膚科,女医,未経験者,タンポン,申し訳

閲覧数:
50,049
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

z31********さん

2017/2/2119:39:43

フェミニ○ナ軟膏などでかゆみが止まらなければ、化学物質によるかぶれの可能性があります。
皮膚科と産婦人科の女医さんが出演して、NHKの「あさイチ」で、女性のトラブルをやっていました。
何人かの患者さんが顔を隠して出てきましたが、かゆみが出ると何にも集中できず、友達とのおしゃべりもトイレのタイミングが気になり耳に入らないとの女性が出てきました。
産婦人科の女医さんの話では、陰部にショーツのフリルや縫い目の堅い部分がこすれる、化学物質が刺激する、かぶれるといったトラブルでかゆみが止まらないということでした。タンポンに替えても、タンポンの下の部分で出口付近がかぶれる女性もいるとのこと。
紙ナプキンの原材料は石油系素材で、肌にあたる部分は、漂白されたポリエステル、ポリプロピレン、レーヨンなどの不織布です。中は、漂白された綿状パルプ、高分子吸収材、ポリマーなどの吸収促進剤、消臭目的のデオドラント材、香料など化学物質がふんだんに使われています。製品を清潔に保つため法的に漂白が義務付けられており、塩素系漂白剤が使用されています。吸収材である高分子ポリマーは皮膚障害をひき起こす有害化学物質です。
蒸れやすく一番敏感でデリケートな皮膚層が薄い部分にこういう化学物質が常に触れていることでかぶれる、かゆみが出るというトラブルが起きやすくなるとのことです。
患者の女性はお医者さんの指導に沿ってショーツだけでなくナプキンやおりものシートもすべてコットン100%に替えたということでした。綿に替えたことでうそのようにかゆみが止まったとのこと。その女性は、何枚もかわいい布ナプキンを集めて代わる代わる使っていました。交換した布ナプキンを持ち帰るためのジッパー付きポリ袋も、帰ってから汚れた布ナプキンを洗う面倒も、かきむしりたくなるかゆみを考えると苦にならないと言っていました。
ネットでもかわいい布ナプキンがいろいろと売られています。その番組では東京にある布ナプキン専門のショップも出てきました。だめもとで試してみられたらどうでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる