ここから本文です

恩師に年賀状を出し忘れていました。

chi********さん

2017/2/2120:16:31

恩師に年賀状を出し忘れていました。

昨年引っ越したことを連絡しておらず、実家に年賀状が届いていました。

先週年が明けて初めて帰省した際に発覚しました。

お世話になった先生なのでなんとかしたいです。
どうすれば失礼なく返事ができますか?

閲覧数:
60
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

v_v********さん

2017/2/2218:11:59

chielien_02f122bfa82b3f6408e9b3cさん

学生ならともかく、社会人ともなれば、きちんとしたはがきの一つも書いて悪いことはないでしょう。
相手方は恩師ということですから、はがきの文面から、あなたの成長を感じて喜んでくださるはずです。
今から出せば余寒見舞いには十分に間に合います。
これぞ正にグッドタイミングです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kuk********さん

2017/2/2213:43:10

hisanori4142さんがお答えになられているとおりです。多分まだお若いのでしょう、だったら回答されているように書くべきでしょう。余寒見舞いなんて出して恩師に定型文かとがっかりされるのは嫌ですから。素直に多忙で連絡を取り忘れていた、久しぶりに帰省して気づいたということを書いてあれば、あなたが元気で活躍なさっていると恩師は安心して住所録を訂正される筈です。できるだけ早く(帰省のことを誰かが恩師に喋る前に!)出すこと、そして二度とは繰り返せないことだけはお心に留めておいてください。

his********さん

2017/2/2209:58:38

こちらのカテゴリでは「立春を過ぎたら二月末までは余寒見舞い」という脊髄反射的な回答が付くことがあります。
「立春を過ぎてもまだ寒い日が続く中、相手の安否を気遣う目的で送る」のならそれは余寒見舞いということになります。
ただ関東では春一番が吹き荒れ、突然暖かくなっています。前日との気温差が10度前後になるなど不安定な日もありますが、少なくとも「2月末までは自動的に余寒見舞い」という話ではありません。質問者様ご自身が「暖かくなってきたなぁ」と思える環境の中で「二月中なら余寒見舞い」と思考停止したところで書き手の想いを伝えたことにはなりません。

質問者様の中に「厳しい寒さの中で体調を崩したりしていないか?」と先方を思いやる気持ちがあるときにそういう文章を綴るもの。それは「結果的に余寒見舞いという性質を持つ書状」ということになるわけですが、「この時期に送る手紙は自動的に余寒見舞いだ」と考えるのは目的と手段が逆転していることになります。
別に「手紙というのは必ず相手の何かを見舞うために送らなければならない」というものではありません。

質問者様が伝えたいのは「春とは言えまだ寒い日が続きますが体調を崩したりしていませんか?」ということではなく「ご自身が引っ越していいたために実家に届いた年賀状を帰省によって知ることになった。そのため年賀状でご挨拶できなかったことを詫び、あらためてご挨拶すること」です。
だとしたら変に形式や枠組みに縛られることなく、質問者様の気持ちを質問者さまの言葉で丁寧に心を込めて書き綴ることです。そういうものこそ「先方に対して失礼に当たらないご挨拶」になります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ici********さん

2017/2/2209:41:02

今月中なら「余寒見舞い」としてご挨拶状が
出せますので、そうするか、普通にお手紙を
書いて、近況報告やお詫びをしたためては
いかがでしょうか

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる