ここから本文です

医学部・薬学部に進まないのは親不孝でしょうか?

アバター

ID非公開さん

2017/2/2623:51:23

医学部・薬学部に進まないのは親不孝でしょうか?

田舎の(自称)進学校に通っている高2生です。私は以前から食に興味があり、食べ物関連の企業の商品開発などに携わったりもしてみたいと思っており、料理をすることも好きなので、お茶の水女子大の生活科学部 食物栄養学科に進もうと考えています。
先日、思い切って親にこの分野に進みたいと相談したところ、すこし渋った顔をされました。やはり親としては医学部や薬学部に行ってほしいと考えているようです。
たしかに、医学部や薬学部に行った方が就職の際には金銭的にも有利な職に就ける可能性が高いでしょうし、親としてもその道に進んでもらった方が安心するだろうと思います。

親の気持ちはすごくわかります。自分を育ててきてくれた人だからこそ、金銭的な面でも将来のことで不安にさせたくはありません。ですが、食の分野に進みたいという気持ちもあって、どうしたらいいのかわかりません。

長文で申し訳ございませんが、ぜひアドバイスお願いします。

閲覧数:
323
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/2/2708:44:08

お茶大最難関ですか。
確かに、そこを目指せるなら、医学科はともかく、その他の医学部や薬学部は十分視野に入りますね。

ただ、医療系は学部の選択が職業選択と密接な関連を持ちますから、安易な妥協は将来に禍根を残します。
薬学部なら企業も選択肢に入りますが、基本的には六年制なら薬剤師養成が第一義的な目標になります。医学部系はさらにその色彩が濃くなります。

お金のことは大事ですが、金に目が眩んで嫌なことばかりをやらされるのも本意ではないでしょう。
卒業後のこともよく調べ、よく考えた上で話し合うことが必要だと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

prince_milkさん

2017/2/2709:44:09

あなたの人生なのだから好きにした方がよいでしょう。
お茶大なら就職にもそんなに困ることはないと思いますが。

もしどうしてもダメなら薬学部卒業して薬剤師免許を取り、食品関係の研究職を狙うというのも一つの考え方です。難易度は上がりますが。

jikijiroさん

2017/2/2707:19:58

物理療法を研究していた立場から、いいますと賛成です。まだ未公表ではあるのですが、現代医学の薬物療法の大部分は物理療法に転換することになるでしょう。

薬物療法では主にタンパク質分子に低分子化合物を結合させることによって機能を制御します。ところが、これまでニセ科学としてバカにされてきた物理療法が、現代医学をはるかに上回る有効性があることが明らかにされます。タンパク質が分子レベルでどのような物理法則に従っているか分かれば、それによって制御することで薬物が不要になります。薬を使わないので副作用がなく、患者が自分で、多くの病気を極めて即効的に、うつ病や喘息を1日で治しちゃうなんてことが可能になります。

もちろん、すべての病気を治せるなんて言うつもりはありませんが、遺伝子異常などその理論の適用外の病気や先端医療をのぞけば、大きな影響があるでしょう。産業としての医療の縮小となり、医師や薬剤師が安泰という時代は終了するでしょう。
物理療法の研究を始めてから20数年、いろいろな病気を経験しましたが、その理論によって簡単に完治させるので、病院に行くことも、薬を買うこともないですね。

asdfgdakさん

2017/2/2623:55:53

私大医学部or薬学部はもっと親不孝です。理由は学費が桁違いに高いから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。