ここから本文です

信用創造に関して次の問題に答えよ

chi********さん

2017/3/621:54:03

信用創造に関して次の問題に答えよ

いま、最初にA銀行に預けられた預金額を100万円とし、銀行の支払準備率を10%とする。A銀行は支払準備率として日本銀行に( )を預け、残った資金を貸し付けに回すことができる。こうして貸し付けられた資金がさらにB銀行に預けられる。このように理想的に進行すれば、最終的に新たに信用創造される預金量は( )となる。

答え 10万円 900万円

↑の2つのカッコに埋める問題なのですが、答えを見ても全く意味が分かりません。

分かる方明後日テストなので急ぎで教えてください。

閲覧数:
64
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mut********さん

2017/3/818:59:21

支払準備率とは銀行に預けている預金のうち預金者がおろしてしまう割合のこと。

銀行の預金は自分のものだから,100%おろしてしまっても構わないが,普通はそんなことはしない。支払準備率10%ということは、銀行預金のうち平均して10%はおろして使われるから、必ず現金としてATMなどに用意しておかなくてはいけない金額ということ。
逆にいえば、預金額のうち90%は現金がなくていいという意味。
100万円の預金がある場合、現金10万円を残しておけば、あとは貸し出してしまっても構わないことになる。貸し出した90万円はタンス預金がないと仮定すれば、最終的に別の銀行口座に振り込まれるはずだから、振り込まれた銀行でも10%の支払準備を残して貸出されることになる。つまり81万円が貸出される。同じ理屈でさらに72.1万円が貸出され、その循環は無限に続く。
つまり貸出総額は初項90、公比0.9の無限等比数列の和となる。

公式に当てはめれば、90÷0.1=900となる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる