ここから本文です

B型肝炎給付金に、出産後に子どもが受けたガンマグロブリンの接種代金を上乗せする...

アバター

ID非公開さん

2017/3/800:04:59

B型肝炎給付金に、出産後に子どもが受けたガンマグロブリンの接種代金を上乗せする事ができるでしょうか?

私は、23年前に妊娠中の血液検査でB型肝炎のキャリアだと判り、数年前からの「B型肝炎訴訟」に自分も該当すると思いましたが、無症候キャリアでもあり、手続きを先延ばしにしておりました。
しかし、最近になって、職場の健康診断の血液検査で何度も追及を受け、カミングアウトするにも証拠が欲しいので認定を受ける事に決め、現在は手続き中です。

何より口惜しいのは身に覚えのない感染で、生まれたばかりの我が子が無保険のガンマグロブリン接種を受けなければならなかった事です。

接種料は4万円×3人分、大した額ではないかもしれませんが、出産入院中にガンマグロブリンの接種で同室の方々が知り、「キャリアなら、なぜ個室にしないのだ」と責められたのも、出産後ですから、大変に心が傷みました。
逆の立場なら当然の態度なのでそれは良いとして、認定されるなら理不尽な事なので、接種料金くらいは受け取りたいのです。

すでに給付を受けた方、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。

閲覧数:
493
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

red********さん

2017/3/808:01:33

残念ながら、質問者さんが求める費用は、給付金の対象外ですね。
母子感染予防で言えば、訴訟により認定・和解に至った人が、それ以降に出産する際の自己負担分ならば、支給されます。訴訟・和解以前の経費は、加算されないんです。
どのような費用が支給されるかは、「B型肝炎訴訟の手引き」 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/00... の17ページとかをご覧ください。

理屈を説明するならば、今回の認定は、あくまで「現在の病態」で区分され、支給金額が決まりますね。個々の原告がこれまでに費やした経費は考慮されないのです。今回の枠組みの限界ですが、個々の原告について過去の経費をきちんと算定することは困難ですから、無理もないとも言えるでしょう。

質問者さんが、どうしても不満なら、今回の枠組み(B型肝炎特別措置法)を使わずに、枠外の経費支払いを求める訴訟をすることも可能です。勝訴できる見込みは低いだろうと思いますが。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/3/810:52:19

    ご回答と手引書のアドレスを教えていだたき、ありがとうございます。

    出産時は実母からの母子感染か否かも判りませんでしたので、諦めなければならなりませんね。
    感染率が低く無症候キャリアであることに、せめて感謝する事にします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/8 16:12:05

解りやすいご説明をいただき、ありがとうございました。

「b型肝炎 給付金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

お前の母親のHBc抗体のS/CO値 10未満という
検査結果がないとダメだよ~

VAIBS

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる