ここから本文です

病院の責任問題について。

kaorim999さん

2017/3/1211:22:53

病院の責任問題について。

詳しいかたの回答お願いします。
親が手術後に死亡。
医者から手術の危険性の説明もなかったため、必要な手術と思ってうけさせた結果です。
手術に関しては緊急性がなかったことを主治医は認め、説明義務をはたさなかったことに対しての謝罪がありました。私としては危険性の説明をうけていれば、様子をみてまた症状がでたときに先生に相談し、手術をするかの判断をすればいいのではないかという内容です。
説明義務違反として慰謝料の請求につながるのかは素人の私にはわからないため、病院に話し合いを求めましたが「窓口は顧問弁護士ですのでそちらにきいてください」の一点張り。仕方なく顧問弁護士に電話したところ「それが慰謝料に結びつくかは訴訟でないと決着がつかない。訴訟にしてください」という姿勢です。私の気持ちとして説明がなかったため受けさせてしまった手術で死亡し、主治医からは選択肢を与えなかったことに対して謝罪があり、それは違法ではないのか?と病院へ質問したら「訴訟でしか話し合えない」という姿勢自体が違法ではないのかとおもうのですがそれは違うのでしょうか。被害者側が多額の費用をはらって訴訟での話し合いでなければ、医者は非をみとめていても病院側としては認められないという態度は普通に認められることなのでしょうか。

補足ADRの申立もしたのですが不応諾。
とにかく裁判でないと解決できないのなら
医療ADRってどんな時役にたつのでしょう。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
134
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/3/1314:34:58

誠にお気の毒でした。私は専門家ではありませんが、今の医療では術前の説明と同意は必ず必要ですし、それがどのように行われていたかいうことの確認が必要です。手術の選択肢と手術をしない場合の予後、手術の危険性などを詳しく患者本人が聞いて、了承して同意書を書いているかどうか、確認が必要です。また、本来はご家族がご一緒にお話を聞くものですので、ご家族のキーパーソンがお聞きになっていると思います。医療は危険性が伴います。また、患者の年齢や合併症、手術の種類などでそのリスクは異なりますが、場合によっては麻酔をかけるだけでも死亡するリスクもあります。そのことを患者も家族も、また医療従事者もある程度予測できたかどうか、ということもあります。
さて、主治医が非を認めているというのは、手術のリスク説明や同意書の取り方に問題があったのだと思いますので、訴訟をして慰謝料を請求することはできるのではないかと思いますが、訴訟になると病院(&主治医)と遺族の間の争いになります。前述したように医療ですからそれなりのリスクは常にあります。しかし、説明義務違反で、ある程度の慰謝料は認められると思いますが、いずれにせよ、病院としては訴訟の構えを見せなければ何もしないのが実情でしょう。そこで、先ずはカルテ開示の請求をして、その請求理由に「家族が手術で死亡し、術前の説明がきちんとされていない可能性があり、訴訟の判断にしたい」旨をお書きになって開示請求をされることが先ず第一です。カルテ開示にはコピー代などの代金が発生しますが、安いものです。そのことによって、病院としては対策を練られる(訴訟が起こった時にはどういう対応をするか、示談をすべき事例か、あくまでも訴訟で対応するか、、など)と思います。先ず、やる気をみせなければ相手方は動かないと思いますので、カルテ開示を受け、説明書や同意書がどうなっているのかを確認し、その上で、遺族側も弁護士に相談(相談料がかかりますがそんなに高くはないですし、無料のところもあるかもしれません)されたらいいと思います。
さらに、説明がきちんとしていなかったと主治医が認めているなら、病院の医療安全対策室もしくは苦情相談室に、このような場合は病院としてどのような対応をなさっているのか聞くのも一つの方法だと思います。二度とこのような事例を起こさないためにも病院としてインフォームド・コンセントをきちんととらないといけないのではないか、その対策はどのようにしているのかを文書で回答をお願いされてもいいと思います。

質問した人からのコメント

2017/3/15 21:02:38

他に回答いただいた方もありがとうございました!
いちばん温かい回答をくださったかたにBAを!




ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/3/1404:40:56

>医者から手術の危険性の説明もなかったため、必要な手術と思ってうけさせた結果です。

そもそも、その亡くなった親がどんな手術を受けたのか。

どんな状態で手術を受けたのか(手術を受けた親は意識不明だったのか。判断能力はあったのか)。

医師の説明は誰に、どんな内容でされたのか。

質問文からは不明です。

質問文からは「説明義務違反」が問題になっているけど、せめて上記の事実関係がわからないと、正確な回答にはならない。

一般論で言えば、窓口を弁護士にして、弁護士とだけやりとりして下さいというのは、病院としては当然です。

「説明義務違反」というのは、極めて「法的判断」の強い性格のものであり、それを法律の専門家に任せるのは極めて当然です。

また、病院としては本来の業務を抱えているのであり、賠償問題について専門家に任せるのもごく当然です。

nontan_gogogoさん

リクエストマッチ

2017/3/1314:48:56

>窓口は顧問弁護士ですのでそちらにきいてください

これは社会的常識として相手がこのように述べた時は
窓口とされるひとに交渉をするのが常識です。
無理に対応を求めた場合はむしろ「強要」の罪であなたが犯罪者になります

>「それが慰謝料に結びつくかは訴訟でないと決着がつかない。訴訟にしてください」という姿勢です

これも上記と同じであり、相手は訴訟を望んでいるのです。それ以外は交渉する気持ちが無いということもいっているので、訴訟するかどうかを遺族であるあなた方が決めることです。相手がその気もないのに交渉を強要することは上述できないことですよ。

>主治医からは選択肢を与えなかったことに対して謝罪があり

これは主治医が医師として感じたことを素直にあなたに伝えているものだと思いますが、それ以上でもそれ以下でもありません。事実がどうであるかを知る由もありませんが、それが賠償責任を伴うれべるかどうかは訴訟の結果を待つしかありません。

>それは違法ではないのか?と病院へ質問したら

民法上の不法行為に当たる恐れはあります(当たれば賠償請求対象ですので、当たるかどうかを定めるのが訴訟の結果です)が少なくとも刑法にはかかりません。またそれを決めるのは病院でもあなたでもなく裁判所の裁判官が決めることですね。

>被害者側が多額の費用をはらって訴訟での話し合いでなければ、医者は非をみとめていても病院側としては認められないという態度は普通に認められることなのでしょうか。

常識に照らせば、むしろ裁判をせずに賠償を支払うほうが非常識です。提訴もせずに賠償を得られると考えるほうがおかしいです。金額にもよりますが見舞金程度ならそれで終わりにするってことはあり得ますけどね。またこういう対応をする場合はえてして病院側は勝算があることのほうが多いです。主治医の「抒情的」な謝罪と社会的に求められた謝罪はことなるんです。同意書や他の記事などで訴訟のほうが安くつく(おそらくは賠償義務なしかあっても微額)という判断が裏にあると思います。

________________

(質問文)
kaorim999さん

病院の責任問題について。

詳しいかたの回答お願いします。
親が手術後に死亡。
医者から手術の危険性の説明もなかったため、必要な手術と思ってうけさせた結果です。
手術に関しては緊急性がなかったことを主治医は認め、説明義務をはたさなかったことに対しての謝罪がありました。私としては危険性の説明をうけていれば、様子をみてまた症状がでたときに先生に相談し、手術をするかの判断をすればいいのではないかという内容です。
説明義務違反として慰謝料の請求につながるのかは素人の私にはわからないため、病院に話し合いを求めましたが「窓口は顧問弁護士ですのでそちらにきいてください」の一点張り。仕方なく顧問弁護士に電話したところ「それが慰謝料に結びつくかは訴訟でないと決着がつかない。訴訟にしてください」という姿勢です。私の気持ちとして説明がなかったため受けさせてしまった手術で死亡し、主治医からは選択肢を与えなかったことに対して謝罪があり、それは違法ではないのか?と病院へ質問したら「訴訟でしか話し合えない」という姿勢自体が違法ではないのかとおもうのですがそれは違うのでしょうか。被害者側が多額の費用をはらって訴訟での話し合いでなければ、医者は非をみとめていても病院側としては認められないという態度は普通に認められることなのでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。