ここから本文です

よく光る星と表面温度について質問です 一等星から六等星まで明るさはおよそ100...

アバター

ID非公開さん

2017/3/1310:43:18

よく光る星と表面温度について質問です

一等星から六等星まで明るさはおよそ100倍の違いがあり、
約2.5倍ずつの違いだと習いました。

ただ、そこで疑問が生まれたのですが
表面温度と明るさというのは関係があるのでしょうか?

青白い色や白色なら温度が高くてよく光って明るいという
イメージから一等星というのは納得できるのですが、

21個ある一等星のうち
ベテルギウス、アンタレス、アルデバランなどは
「赤色で表面温度が他の一等星より低そう(?)」なのに
一等星という扱いのようです。

星の明るさと表面温度というのはどう考えるものなのでしょうか?
分かる方、いらっしゃいましたらアドバイスいただけると幸いです。

閲覧数:
356
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a35********さん

2017/3/1313:22:36

地球から観測した星の明るさは、その星の絶対的な明るさ(絶対等級)と、その星までの距離で決まります。

絶対等級は、その星の表面温度と表面積によって決まり、表面温度の4乗に比例し、表面積に比例、すなわち半径の2乗に比例します。

ベテルギウスやアンタレスなどは赤色巨星と呼ばれる表面温度が低く、かつ半径が太陽の数百倍~千倍以上の大きさを持つ恒星です。

低温であっても、その半径が並外れて大きいために絶対等級の数値は小さくなり(明るさとしては明るく)なります。

絶対等級の数値が小さくても、地球からの距離が遠ければ見かけの明るさは暗くなります。見かけの明るさは、距離の2乗に反比例するので、距離が10倍遠くなれば同じ絶対等級を持った星が5等級暗くなります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mar********さん

2017/3/1310:47:05

全く関係ありません.
明るさは星の大きさや地球からの距離にも大きく左右されます.

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる