ここから本文です

地表付近の空気の密度が1,2kg/m^3になるのを、理想気体の状態方程式pV=nRTを使って...

aks********さん

2017/3/1411:27:30

地表付近の空気の密度が1,2kg/m^3になるのを、理想気体の状態方程式pV=nRTを使って説明して下さい。

閲覧数:
258
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bor********さん

2017/3/1411:46:34

体積1m³の気体の質量を状態方程式から求める。

圧力(1気圧):P=1.0×10⁵ Pa
体積:V=1m³
気体定数:8.3 m²kg/s²Kモル
気温:T=25°=298K
として
n=PV/RT=1.0×10⁵×1/8.3×298=40.4 モル
空気の分子量:28.8として
質量:m=28.8×10⁻³×40.4=1164×10⁻³ kg≒1.2kg

密度:ρ=m/V=1.2kg/m³

質問した人からのコメント

2017/3/19 14:17:02

ご回答ありがとう御座いました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる