ここから本文です

①三相同期発電機の磁束分布について、左の図を使って説明してありますが、図の意味...

jjc********さん

2017/3/1415:34:49

①三相同期発電機の磁束分布について、左の図を使って説明してありますが、図の意味が理解できません。なぜ正弦波になるのでしょうか、磁極の中心が一番磁束密度が高いということですか。

②直流発電機の説明では磁束密度の分布について右の図が使われていますが、左の図と異なるのはなぜですか。直流機では磁束密度は一定で同期機では正弦波状に分布するのでしょうか。

正弦波,磁束密度,同期機,直流機,三相同期発電機,回転子,磁界

閲覧数:
238
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mpc********さん

2017/3/1416:25:45

同期機の場合、回転子コイル電流による磁界(磁束密度)は正弦波に近くなるように、回転子の形状が作られています。
固定子コイル電流による磁界も、コイルが分布させて巻いてあり、だいたいの正弦波になりますが、こちらはだいたいとなります。正弦波にはなりません。

  • 質問者

    jjc********さん

    2017/3/1417:28:58

    図を見ると磁力線の間隔が同じなので、磁極の前はどこも同じ磁束密度に思えますが、実際は手書きで書き足したように磁極の中心が磁束密度が高く周辺は低くなっているということですか。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mot********さん

2017/3/1507:33:08

交流発電機の出力は正弦波交流が理想ですからそれに合わせて磁束密度を正弦波に仮定して説明しています。

一方直流発電機の場合は出力はフラットな直流が理想なので磁束密度の分布をフラットに近い形で説明します。整流して中央部を使えば正弦波よりフラットになります。

厳密さはないですがそんな感じで

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる