ここから本文です

第120代天皇・仁孝天皇に妻は何人ぐらい居たのでしょうか。

カンタダ毛布さん

2017/3/1605:11:34

第120代天皇・仁孝天皇に妻は何人ぐらい居たのでしょうか。

閲覧数:
494
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bak********さん

2017/3/1900:53:18

http://www.geocities.jp/okugesan_com/tenno_ninko.html

7人はいるようだ。


贈皇后:鷹司繋子(新皇嘉門院)(1798-1823) - 鷹司政煕女 第一皇子:安仁親王(1820-1821)
第一皇女:慈悲心院宮(1823)

女御:鷹司祺子(新朔平門院)(1811-1847) - 鷹司政煕女、繋子妹 第四皇女:摩尼珠院宮(1829-1831)

典侍:正親町雅子(新待賢門院)(1803-1856) - 正親町実光女 第二皇子:鎔宮(1825-1826)
第四皇子:統仁親王(孝明天皇)(1831-1866)
第六皇子:節仁親王(第十代桂宮)(1833-1836)
第七皇女:恭宮(1837-1838)

典侍:甘露寺妍子(1806-1851) - 甘露寺国長女 第二皇女:成宮(1825-1826)
第三皇女:淑子内親王(第十一代桂宮)(1829-1881)
第三皇子:三宮(1830-1831)
第五皇女:総宮(1832-1833)
第六皇女:経宮(1836)

典侍:橋本経子(1826-1865) - 橋本実久女 第七皇子:胤宮(1844-1845)
第八皇女:親子内親王(皇女和宮)(1846-1877)

典侍:中山績子(1795-1875) - 中山愛親女
掌侍:今城媋子(1809-1875) - 今城定成女



仁孝天皇(にんこうてんのう、寛政12年2月21日(1800年3月16日) - 弘化3年1月26日(1846年2月21日))は、第120代天皇(在位:文化14年9月21日(1817年10月31日) - 弘化3年1月26日(1846年2月21日))。諱は恵仁(あやひと)。幼称は寛宮(ゆたのみや)。

文化6年(1809年)3月24日、父帝の中宮欣子内親王(新清和院)の養子として立太子された。

文化14年(1817年)に即位し、父光格上皇の意をうけて朝儀復興に尽力した。皇族や公家の子弟のための教育機関の設置を志し、武家伝奏徳大寺実堅に幕府との折衝を命じた。幕府の了承を得てその構想が現実のものとなった矢先、崩御した。宝算47歳であった。

崩御の翌年にあたる弘化4年(1847年)、天皇の遺志によって御所の建春門外に公家講学の所として学習所が設立され、孝明天皇から下賜された勅額により「学習院」(京都学習院)と名乗るようになった。1877年(明治10年)明治天皇の命によって設立された皇族・華族教育機関の学習院(現・学校法人学習院および学習院大学)の前身である。

質問した人からのコメント

2017/3/19 03:28:08

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2017/3/1613:26:49

Wikipediaからですが…、

仁孝天皇の妻は鷹司繋子様と鷹司祺子様のお二人です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる