ここから本文です

私は過去に、詐欺事件に巻き込まれ片棒を担いだ罪で執行猶予付きの有罪判決を受け...

アバター

ID非公開さん

2017/3/1623:45:17

私は過去に、詐欺事件に巻き込まれ片棒を担いだ罪で執行猶予付きの有罪判決を受けたことがあります。執行猶予は4年半前に満了しています。

最近、母親の還暦祝いと定年退職を労うためハワイ

に招待しようと思い、犯罪歴があるとビザ免除プログラムが受けられないため、米国総領事館へB-2ビザを申請し面接を受けました。
必要書類は全て提出し、面接も好印象だったのでかなり期待しましたが…結果は却下でした。
母親に大変申し訳なく、ビザや犯罪歴の有無を問われない国を調べたところ、シンガポールであれば大丈夫そうでした。

そこで質問なんですが、
①パスポートに米国ビザ却下の記録が残っていると、入国審査で引っかかりますか?
②指紋認証が導入されたようですが、犯罪歴がある場合は入国できませんか?

入国審査の審査官の裁量もあるかとは思いますが、なんとか母親を海外へ連れて行ってあげたいので、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願いします。

閲覧数:
88
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nabewata1040さん

2017/3/1702:59:20

シンガポールに関しては、観光のための短期ビザ無し渡航に関しては、犯罪歴を問う申告項目がありませんので、猶予歴だけが問題となり入国拒否されることは無いと思います。

指紋も、日本の詐欺事件の猶予犯のものと照合しているという可能性は無いと思います。

したがって、私が把握している範囲の情報においては、問題なく入国できると考えています。

なお、米国ビザの件は、おそらく新政権の方針に基づく規制強化の煽りを受けたという側面が強いと思われ、ある意味不運な印象です。

しかし、あえて気になる点を挙げるとするならば、ご質問文の【詐欺事件に巻き込まれ片棒を担いだ】…等の表現です。

【巻き込まれた】という表現は、ご自身の被害者的なニュアンスばかりを強調しているようにも感じられます。

貴方が「好印象」であったとおっしゃっている面接でも、そういう態度を見せながら過去の行為を説明したのではないか…と危惧します。

審査官が、犯罪事実を示す資料を参照した結果、実際には【巻き込まれた】だけではなく【故意・犯意あり】だろうという風に見えた場合に、貴方が「好印象」だと考えていた面接が、実際には「悪印象」を与える結果となっていた可能性があります。

今後、似たような場面で同じ失敗を繰り返さないためにも、今後こうした点にはご留意頂いた方がよろしいのではないか…と、質問文から感じられました。

アバター

質問した人からのコメント

2017/3/17 09:47:09

詳しくありがとうございます。詐欺事件については、ある方から現金を騙し取るための橋渡し役を
私が主犯の男に強要され、従った事で逮捕されました。私は主犯の男に日頃から暴力を受けておりました。詐欺事件終結後に、私は主犯の男を相手取り裁判を起こし勝訴しています。その資料も大使館へ提出しましたが、考慮されなかったようです。助言も頂き感謝します。母親とシンガポール旅行へ行って来ます。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。