ここから本文です

「残酷な天使のテーゼ」作詞家の及川眠子さんは18歳年下のトルコ人の夫に3億円貢い...

kot********さん

2017/3/1715:25:07

「残酷な天使のテーゼ」作詞家の及川眠子さんは18歳年下のトルコ人の夫に3億円貢いだ挙句離婚しましたが、

「あなたと結婚したのはお金目当て」「あなたのことはおばあさんで気持ち悪いと思ってた」と元夫に言われながらも「それでも、そこにお互い愛はあったと思います。他の人にはわからない」とコメントしていたのを見て絶句しました。

最初の出会いは及川さん41歳、トルコ人元夫が23歳。普通は成り立たない「恋愛」、、、
元夫相手に損害賠償請求の裁判も起こしてますが、酷い事をされても結局は好きだったということなのでしょうか。傍から見たら、あんた騙されてるよ、、、と思うのですが、そこに愛はある!と本人が信じられれば愛はあったことになるのでしょうか?

仮面夫婦で、でも別れたら食ってけない、世間体も悪いしと、夫を軽蔑しつつ、結婚生活維持してる妻に比べたら、間抜けかもしれないけど、あれだけお金取られても「自分が好きでやったことだ」と言い切れる及川さんにはある種の潔癖さは感じました。
愛とは何でしょうかね?考えてしまいました。

閲覧数:
277
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2017/3/2321:07:46

それはあなたが3億円持ってからのたまってほしい。
少なくとも及川眠子は旦那に貢ぎながらも、優雅な生活はしてましたので。

あくせく髪振り乱しながらショボい仕事しなくてもよかったんだから。
及川眠子は世界中の高級品について熟知してます。

愛はお金で買えるいい例です。

縁もないあなたが想像しても惨めドつぼになるだけだからやめときな

ヶヶヶ!Ψ(`∀´Ψ)( `∀)( `)( )(´ )(∀´ )(Ψ`∀´)Ψヶヶヶ
(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ (∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dia********さん

2017/3/1917:24:55

芸術家なんですから感情の起伏が作品に行かされるんでしよう
三億円分のいい作品を世に出してくださいね
そのトルコ人はいまは悪魔のように思えますが、
いい作品を作るインスピレーションをくれた、ミューズ
(男なんですよね?)に、なれると思いますよ
いい作品を作って世の中の見る目を変えてあげて

kiy********さん

2017/3/1716:42:15

夫婦のことは夫婦にしか解りません。
及川さんが「愛があった。」と実感されていたのなら、実感する何かがあったのでしょう。
御本人が「後悔してません。」とおっしゃるのなら、それで良いのではないかな?

女性41歳、男性23歳。
女性が人妻や及川さんのように経済力がある女性なら、世間には結構ある例です。
男性が同年代の女性と結婚した後も、年上女性と別れられずに関係が続いている例もありますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる