ここから本文です

江戸幕府はなぜ、倒幕されたのですか?

mer********さん

2017/3/1717:07:07

江戸幕府はなぜ、倒幕されたのですか?

ロスチャイルド?とかがお金を出した理由は?

江戸幕府はそんなにダメな時代だったのですか?

良いイメージが強いのですが。。。

そして、明治時代に入り、海外の文化が流れてきた。

鎖国はどちらにせよ、限界だったということでしょうか?

明治時代もロスチャイルドだかのせいだ!
明治時代は悪い!
日本破壊された!

みたいな意見をたまに聞きますが、本当ですか?

閲覧数:
236
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gre********さん

2017/3/1814:08:19

江戸幕府が開かれてから100年ほどは安定していましたが、次第に武士の借金が膨らみ始め化政文化の頃には商人に全く頭が上がらなくなっていました。この時点で幕府自体も財政破たんしていたと言えると思います。さらには天明の飢饉や、水野忠邦の上知令の失敗で信用も無くしてしまっていました。

鎖国についても、開国の50年ほど前から外国船が度々やってきては威嚇行為を繰り返しており、特に世界中で蒸気機関が実用化された時点で、日本の開国は避けられない事態だったのは間違いないです。

当時、徳川幕府がもう少し続いていたら、日本は欧州の強国たちの植民地にされてバラバラに分割されていただろうと言われていました。とはいっても、真実は当時の欧州の実力者たちの心の中にしかありませんから確かめようがないですが。少なくとも明治維新がなければ、本当の意味で日本が破壊されていた恐れはあったということです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tac********さん

編集あり2017/3/1809:53:53

苫米地 英人
「明治維新という名の洗脳
150年の呪縛はどう始まったのか?」
https://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81...
からの引用です。

まずは左の書状を見てほしい。
1862年、幕府の遣欧使節団がデント商会横浜支店長でポルトガル領事のエドワード・クラークにメキシコ・ドルで三万ドルを渡し、パリで両替できるようにした為替手形だ。
(中略)
(『幕末維新外交史料集成』維新史学会編)

ここで注目してほしいのはロツジルトという名前。これはフランス語読みでは現代ではロチルドと書くのが普通だ。
また、ドイツ語読みならロートシルト、英語読みならロスチャイルド。

つまり、
パリで幕府使節の旅費の両替をしたのはロツジルトこと、フランス・ロスチャイルド家であった(あと現在確認中なのがメツシスで、これはフランス語読みでメディシス。つまりメディチ家の可能性がある)。

(中略)
外資系銀行はこの翌年1863年3月、インドのボンベイに本店をもつイギリス資本のセントラル・バンクが横浜上陸したのが嚆矢(コウシ)となる。
同行は外国資本の銀行というだけでなく、日本で最初に設立された銀行でもあった。
この年は銀行開店ラッシュで(中略)1867年になってやっとパリに本店をもつコントワール・デスコントが横浜支店を開設するも、翌年には閉鎖してしまう。
幕末の日本はイギリス系の銀行が独占していたのである。
(中略)
文久3年(1963年)とは萩藩が5月に外国船を無差別砲撃し、7月に薩英戦争が勃発した年。
・・・・・・・・・・・・・
こんな政情不安定な時になぜ、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外資系銀行は次々と横浜支店を設立したのだろうか?
(中略)
何故か?

答えは戦争が起きた瞬間、
当事国の通貨が暴落するからである。
(中略)
この年の出来事で一番重要な出来事は萩藩が外国船に向けて無差別テロを行ったことでも、薩摩とイギリスが戦争したことでもない。
これらの戦争行為によって、日本の通貨『両』およびイギリスの『ポンド』が事実上消えたこと。

国際決済で使えなくなってしまったこと
が、特筆すべき出来事なのである。

□銀行と戦争
では、当事国の通貨が使えなくなるとどうなるのだろうか?

それは
外資系銀行が貸し出す、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国際流通通貨を使用する以外に道は無いということだ。

当時で言えばメキシコ・ドル。
基本的にこれを使わなければ、銃一丁、弾一発も買えない状況が訪れたということである。

ところで、読者の中には、なぜ、この当時、どこの国もドルを使っているのか、不思議に思った人もいたのではないだろうか。
フランスにしてもイギリスにしても、自国の(中で使われる)通貨はフランであり、ポンドである。
しかし、彼らが商売をする時、あるいは融資をする時、みなドルを使用する理由は、この時期、欧州各国はずっと戦争を繰り返していたからだ。

クリミア戦争、普仏戦争、アメリカ独立戦争、フランス革命、アメリカ南北戦争などなど、戦火が絶えることはほとんど無かった。
よって自国の通貨は国際決済には使用出来ない。

そのため、 
新たに国際流通通貨を造る必要に迫られて、
銀の純度に信用がおける上、当時のアメリカの法定通貨でもあったメキシコ・ドルが採用されたのである。

この時期、世界の銀の半分を産出していたのはメキシコだったのだ。

しかし、そのメキシコをはるかに超える算出量を誇ったのが日本であった。
なんと日本は石見銀山だけでメキシコとほぼ同等の銀の算出量があった。

もともと日本は鉱物資源国であり、
・・・・・・・・・・・
銅の算出量は当時世界一、
金にしても世界トップクラスの埋蔵量だった。

外資系銀行は
・・・・・・・・・・・・・・・
この金と銀にも狙いをつけていたのだ。

そんな中、ついに日本でも戦争が起きてしまう。
それが1863年だったのだ。
(中略)
□ロスチャイルド家
さて、ここでいよいよロスチャイルド家が登場してくる。
(以下略。続きは本を買って読みましょう(^-^)/)

こちらも。
国際金融資本家に洗脳された「明治維新」と「キリスト教」理解
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/8203558.html

hk8********さん

2017/3/1717:18:41

江戸幕府は倒幕されたのではなく、
民事再生申請のところを新政府軍が
倒れている旧幕府軍に戦争を仕掛け
あたかも倒幕した様に見せかけたのです。

新政府軍VS旧幕府軍の図式です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる