ここから本文です

SBI証券ののIPOポイントについて。 ①100株で100ポイント使用して申込 ②10,...

yumiko_yanmoさん

2017/3/2013:40:15

SBI証券ののIPOポイントについて。


①100株で100ポイント使用して申込

②10,000株で1ポイント使用して申込。

①と②は当選確率が同じなんだと理解してよろしいのでしょうか?


宜しくお願い致します。

( `・∀・´)ノヨロシク( ^ω^)・・・由美子

閲覧数:
232
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/3/2020:31:10

①と②の当選確率は銘柄にもよるので何ともいえない。←基本は、②のほうが申し込み株数が多いので当たりやすい。

①100株×100P=10.000
②10,000株×1P=10.000
ではなく、

SBI証券のIPO抽選は、まず大口に配分して、残りをポイント配分と完全抽選する。

ポイント配分(30%)…使用ポイントの多い順に100~300株ずつ配分する。銘柄の人気(業種や公開株数など)にもよるけど、150~300以上が当選ライン。←この当選ラインは、ヤフー銘柄掲示板で、過去のIPOの『1.000株申し込みで200P使用、300株当選』などの書き込みからある程度の予測は可能。

完全抽選(70%)…完全なコンピュータ抽選で、ポイント使用は関係なく、申込み株数が多いほうが有利。

※つまり、ポイントを使うと2回当選のチャンスがある。

※ポイントは貯めてから使うこと。理由は中途半端に使って、ポイント配分ではなく、完全抽選で当たってもポイントは消滅する(ポイントを捨てるようなもの)。最低150P貯めてから使ったほうがよい(1年半くらいかかる)。

がんばれ、由美子。

質問した人からのコメント

2017/3/21 11:44:05

大変よくわかりました。有難うございましたた。深謝!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dgmph080さん

2017/3/2018:40:15

具体的にどう言う銘柄の当選を指してるか書かれてないが、
単純に①の場合はポイントを無駄に消費する。
(期待値が低い銘柄でポイント消費する可能性高い)

②は期待値が高い銘柄の場合はポイント枠での当選は不可能。
SBIは資金あるほど有利な抽選方法で資金枠も相当運いる。

そこそこの期待値ある銘柄でさえ最低200P前後は必要だから
100Pで当選できる銘柄は無駄にポイントを消費するだけ。
それ以前に資金あれば普通に配分回して貰える可能性高い。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。