ここから本文です

大相撲の仕切りの制限時間について、 向正面の赤房下の勝負審判が手をあげ行司と...

wjtubgs50pjさん

2017/3/2112:51:20

大相撲の仕切りの制限時間について、
向正面の赤房下の勝負審判が手をあげ行司と呼び出しに合図します。

それを見た力水に座ってる呼び出しが立ち上がると力士は時間と分かります。

とありますが 赤房下の勝負審判(時計掛)は何を見て手を挙げているんでしょう?
仕切りの回数? ほかに何かありますか?

十両3分 幕内4分と勝負規程にありますがかなりまちまちのようです。

この質問は、tixyosenburakuさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
90
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chiyonosawaさん

2017/3/2113:05:19

赤房下に座る時計係の審判はストップウォッチを持っているため、それで計時をしています。ストップウォッチの時間が制限時間(幕内なら4分)になったら時間いっぱいと合図します。ちなみに、このストップウォッチでは取組の時間も計っており、水入りの判断も時計係の担当となっています。

時間にバラつきがあるのは、全ての取組の時間が午後6時の中継終了に間に合うよう調整しているためです。時間のかかる取組が多くなると、後の方の取組で仕切りの時間を削って、結びの一番を6時までに終わらせることになります。まあ、どうしても6時に間に合わなければ中継を延長してくれますが。

  • 質問者

    wjtubgs50pjさん

    2017/3/2113:10:04

    仕切り時間が6分くらいあるのはどういうことですか?以前の小錦の取組や最近でも大関・横綱戦でよくあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kanmaesaikoさん

2017/3/2119:35:15

時計を見てますよ。。。。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。