ここから本文です

辛い(からい)もの摂りすぎ病。 しょっぱいものとか、甘いもの、油っぽいもの...

lho********さん

2017/3/2815:39:03

辛い(からい)もの摂りすぎ病。

しょっぱいものとか、甘いもの、油っぽいものなどは
摂り過ぎると身体に悪そうです。
成人病の原因です。

ところが、辛いものは
いろいろ痛く感じる程度で、健康を損なうほどではなさそうな。

実際、辛いものの摂り過ぎで患う病気など
あるのでしょうか?

成人病,しょっぱいもの,辛いもの,カプサイシン,油っぽいもの,病気,冷え性

閲覧数:
42
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

war********さん

2017/3/2818:42:44

たしか、カプサイシンには摂取量の上限などは定められてはいませんので、
明確に取りすぎるとどうなるか、ということは言えませんが、
激辛なものは、やはり胃腸への負担になります。

若い人にはあんまり関係ないかもしれませんが、
胃腸が弱っている人や、すでに何かの病名がつけられてるような人は、
とりすぎは注意したほうがよいでしょう。

同様の理由から、たとえば、熱い物や冷たいものなどにも注意が必要です。
何事もほどほどにしておいてください。。

また、刺激の強いものばかり摂取しますと、
味覚が慣れてしまって、さらに強い刺激を求めるようになり、
悪循環になりますよっ。

ご参考までに。。

質問した人からのコメント

2017/4/1 15:35:12

刺激によって、消化器官に負担がかかるということですか。
また、カプサイシンが癌を誘発するとは、知りませんでした。
汗をかいて冷えれば、冷え性、万病の元でもありますね。

辛さ30倍、なんてカレーもあるのに
しょっぱさ30倍、なんてものはありませんし
不思議に思っていました。

皆様、ご回答有難う御座いました。
勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kit********さん

2017/3/2815:44:52

以上の内、一番体に悪いのは辛いもので、冷え性になります。気候風土で、日本人は三食毎日食べるわけではなく関係ないですが。同じ作用が甘いもので、こちらのほうが日本人には関係ありそうです。冷え性にアレルギーです。

goo********さん

2017/3/2815:43:37

カプサイシンは適度に摂ると癌の予防に効果があるそうですが、摂りすぎると逆に癌を誘発しかねないそうです。
(主に胃癌や食道癌や大腸癌といった消化器系)
※過ぎたるはなんたらですね

(。・ω・。)ゞ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる