ここから本文です

この身長の研究のPDFなのですがどう解釈すれば良いか分かりません http://www.pdr...

ahu********さん

2017/4/603:00:07

この身長の研究のPDFなのですがどう解釈すれば良いか分かりません
http://www.pdrc.keio.ac.jp/2009-010(new).pdf

この研究のⅤ 推定結果の項目で分析①では
「まず表4 の結果についてみていく。身長については、男性ではいずれの体重の変数にお
いても「相対身長」と「高身長」の係数が有意にプラスになっている。一方、女性におい
ては、どの身長の変数も統計的に有意な結果を示さなかった。また、「低身長」の場合、男
女ともに賃金に対してマイナスの効果を示しているが、統計的に有意ではなった。「身長」
が有意にもかかわらず、「高身長」が有意ではないのは、身長の効果が非線形であることが
その可能性として考えられる16(Heineck, 2005; Hübler 2006)」

と書いてます

その後
以上の分析から、男性の身長において、背が高いことに対するプレミアムが存在してい
る可能性が指摘できる。一方、分析①において統計的に有意でなかった変数には、元々賃
金に対して影響がない可能性や、職業特有の効果や雇用主による差別の効果を持っている
ために、そうした結果になった可能性も考えられる。したがって、そうした変数をコント
ロールした上で新たな分析が必要である。

と書いた後
分析②では
男性において「身長」、「高身長」が賃金にプラスに影響を与えている一方、「低身長」が
マイナスに影響を与えていることがわかる。しかもそれらの変数はどれも統計的に有意で
ある。さらに、それらの変数と職業との交差頄や、職業の係数を、前述した符号条件に照
らし合わせると、特定の職業を除いて、雇用主による差別が示唆される。例えば「身長」
や「相対身長」の変数を用いた場合、製造やインフラといった職業を除いて、身長の係数
はプラスに有意になっているにもかかわらず、職業の係数を考慮しても職業との交差頄で
は係数の有意性は失われている。
女性においては、概ねそうした効果は見られない。しかし、「高身長」においては、「高
身長」の係数が有意ではないが、職業との交差頄の係数が有意であるものが多いことから、「高身長」においては職業特有の効果が示唆される。また、男性の結果とは異なり、「低身
長」がプラスに影響を与えている。しかしこの効果を男性同様に符号条件から判断した場
合、雇用主による差別でも職業特有の効果でも説明できない。この結果は多くの先行研究
と異なるが、そうした効果が同様に見られたものもある(Hamermesh and Biddle 1994)。

とあります

しかし結論では
まず正規雇用の男性において、高身長プレミアムと低身長ペナルティが見られたことで
ある。しかし、その効果は女性には見られなかった。これは、我が国のデータを用いて分
析したToda(2007)と整合的である。次にそうした外見の効果の要因として、雇用主による
差別が示唆された。なお、消費者による差別は男女ともに確認されなかった。

としています
つまり
分析①では女性の低身長は賃金にマイナスの影響を与えると書いてますが
分析②ではむしろ低身長は賃金にプラスの影響があるとしています

しかし結論では女性は高身長低身長による影響はないとしています

一体どれが本当なのでしょう?

またこの研究は高身長や低身長と書いてますが一体何cmのことを言っているのでしょう?
表を見ても0.0〇〇と書いておりわかりません

教えて欲しいです

表などを見たのです

閲覧数:
46
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/4/921:22:12

その考えでいいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる