ここから本文です

福音派と呼ばれる方、ブレスさんを高く評価されている方にお聞きします。

dri********さん

2017/3/3121:20:16

福音派と呼ばれる方、ブレスさんを高く評価されている方にお聞きします。

マルコの9章38節以下で、主の名前を使って悪霊を追い出しているものがいて、ヨハネは彼らが自分たちについてこないのでその業をやめさせた、という一節があります。

この部分についてブレスさんから下記のようなご説明を頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12弟子と行動をともしなくても、彼らはキリスト信仰者ですから、なりすましではありません。

彼らは「私たちは12使徒だよ」「自分はペテロだよ」などと言っていませんね。
イエス様の名前で悪霊を追い出していただけです。

イエス様は「同じ(聖書的な)キリスト信仰者同士で、権力争い(独善主義)をしてはいけない」と言いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121724080...

つまり、彼らは使徒にはついてこなかったけれども、正しい信仰者だった、という考えです。

これはブレスさんと同じ派閥(失礼な言い方でしたらすみません。皆さん方にとっては皆さん方が真理だとご理解になっていると思いますので、それで結構です)の方は、同じように解釈されていますか。

それが正しいということは、例えば皆さん方の指導者がご説明になっていますか。
たとえばそれが正しいと言っている本がありますか。
あるいは、各々が聖霊の証で同じように解釈されますか。
それか、ひょっとすると同じ派閥だけれど、違う解釈をされている方もおいでになりますか。
あるいは、ひょっとすると私が無知なだけで、カトリックさんもルター派もあらゆる派閥がブレスさんのように解釈していますか。

閲覧数:
69
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2017/4/112:57:43

本当の意味で私は真理を理解しているものなんていないと思います

何故なら、正しい真理なんてのはないと私は思っているからです
それは正しい答えなんてものはない、という言葉の通りだと思うからです

イエスは確かに私たちに多くのものを与えてくれました
でも、全てではありません

それは私たちがまだ人間で神の子ではないからです
でも私たちには神の子になることができます

大切なのは人を否定することではなく、罪を赦して認めることだからです
隣人を愛するように、
どうか、私たちとその愚かさも赦してあげてください

誤解などこれまでたくさんあったではありませんか
歴史にはたくさんあったように今もあるだけです

この先もちろん、同じようなことが続くと思いますが、
それでも罪を赦してあげてください
そうすれば私たちの失敗も赦されます

一度や二度の失敗がなんだというのでしょうか、恐れるな、私たちには神がついています

  • 質問者

    dri********さん

    2017/4/115:06:09

    ご質問をご覧になってお分かりの通り、責めるつもりはありません。
    彼らのほうが正しい可能性がある、少なくとも彼らに真実があるかもしれないということを排除しません。

    自分の質問の要点は2点で、
    1.彼らの解釈の根拠、コンセンサスの問題。
    2.この部分の解釈、あるいは事実。
    というだけです。

    ただ、あなたは「正しい真理なんてのはないと私は思っているからです」とおっしゃっていますが、これには同意しません。彼には、そして彼らには伝えたいことがありました。それを書き残すことによって。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

さん

2017/4/105:59:09

>福音派と呼ばれる方、ブレスさんを高く評価されている方にお聞きします。

「福音派」と呼ばれるかどうかわかりませんし、ブレスさんを高く評価しているわけでもないのですが…書かせていただきます。


>つまり、彼らは使徒にはついてこなかったけれども、正しい信仰者だった、という考えです。

正しい信奉者、というのが適当と思います。

イエスの宣教はイスラエル民族国家を対象とし、イエスがイスラエルの「王」として立ち、イスラエルの「救い主」となる、というものでした。

ですので、イエスの宣教活動を通して、イエスを「救い主」として受け入れたイスラエル人は、イエスの信奉者です。

当時は、モーセの名、ダビデの名、といったイスラエルの偉人、英雄の名による悪霊追い出しが成されていたそうですが、そこにイエスの名を用いて悪霊を追い出していた、ということは、イエスが「救い主」であることを認め、その人が個人的な信頼を持っていたといえるでしょう。

他回答者さんの提示された「スケワの息子たち」に見られるように、個人的なイエスへの信頼なしに、ただ名前を借用した場合は悪霊に逆襲されています。
イエスの名で、悪霊を追い出していたということは、その人がイエスの「信奉者」であったことの証拠といえるでしょう。


>イエス様は「同じ(聖書的な)キリスト信仰者同士で、権力争い(独善主義)をしてはいけない」と言いました。

これはブレスさんがこの聖書箇所を、現代の信仰生活に適用させたもの、でしょう。

私個人としては、妥当な適用、許容される適用、と思います。

ただし、あくまでも適用ですので、そのまま受け取るかどうかは、各人の判断に任されるところです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mit********さん

2017/3/3121:53:59

使徒行録19‐11~「スケワの息子たち」。彼らはパウロが伝えるイエスの名によって悪魔払いをしようとした。すると悪魔は「私はイエスを知っている。パウロも知っている。だが、お前たちは何者だ」と言って彼らに襲い掛かった。
これをどう考えるか、彼に聞いてみるといい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる