ここから本文です

以前、兄弟間で借地の不動産を売買、公正証書で売買契約書を作成、代金完済、しか...

アバター

ID非公開さん

2017/4/107:12:27

以前、兄弟間で借地の不動産を売買、公正証書で売買契約書を作成、代金完済、しかし不動産登記を忘れ所有権移転出来ていないまま現在に至ります。そして売主の税金滞納により上記不動産が差押え登記されてしまいまし

た。売買契約書の所有権移転時期は、差押えより10年前、このまま進むと公売により買主は、権利を失う事になります。現在、買主が地代を地主に収め生活実態があります、そこで、差押にかかる滞納者や第三者の保護規定 差押えにあたっての第三者の保護 1 差押財産の選択に当たって第三者の権利尊重 徴49条徴基通47-17(1) 2 第三者に差押え換えの請求権 徴50条 ここら辺の解釈詳しいかたご教授お願いします。

閲覧数:
172
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lan********さん

2017/4/117:23:32

どうにもならない。登記未了の事実は善意の第三者には対抗できない。建物収去して出ていくしかないね。被った損害は売り主に請求すればいい。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/4/117:26:59

    ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる