ここから本文です

私は今、債権回収を考えています。 弁護士に相談し、ついこの間、契約をしてき...

アバター

ID非公開さん

2017/4/112:23:45

私は今、債権回収を考えています。

弁護士に相談し、ついこの間、契約をしてきました。

回収はゼロということはないと思いますが、
会社名がわからないことには…と言われました。

一応、会社?そこの社長の現場として使っている事務所の住所は抑えており、
以前、債権者とここで仕事をしているんだと話したこともあり、業者の材料やら工具などがあったので嘘ではないと思うのですが、

自分の力で調べられる範囲内で、図書館に行って調べたところ、会社としての登録はなく、大井町自動車駐車場のような登記しかわかりませんでした。
しかし、2013年のデータなので、その後は分からず
図書館の人に、会社の登録を住所から調べるサイトを教えてもらいました。しかし、いかんせんそれで会社がないと言われるのが怖く調べられていません。

債権者は現場の仕事をしているようで、左官のようなイメージを持ってもらえるといいと思うのですが、
社長と2人で仕事をしていると風の噂で聞きました。その為、2人とは行かなくとも、大きくないので、会社名が果たしてあるのか、どんな可能性が考えられるか、
現場の大手じゃないところの会社名などほとんど知らないので怖いです…汗


会社登録?会社名が分かれば、第三者差し押さえ?ができ、給与差し押さえができると思うので安心できるのかなと思うのですが、

私はこれからどうすべきなのでしょうか?
また、どういうことが考えられるのでしょうか?

又、登記が調べられる方、是非お願いできたらと思いますm(_ _)m
ちなみに、住所は、
東京都品川区ニ葉1-11-16です。よろしくお願いします‼︎

閲覧数:
36
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/4/114:51:19

質問者さん・・・「債権回収で弁護士に相談して契約しました」
あの~ピントがずれている(壊れたテレビ?)魚屋で野菜の味を
聞く(素人に質問する?)ようなもんですよ!

まあ、その弁護士も「債権回収で何を事案解決したいのか、弁護
士も理解していない」でしょうね!

弁護士の業務・職務は「訴状から判決確定」までで、その後の損
害賠償の請求の方法を知りません。・・・私の経験ですが。
判決が確定し損害賠償の請求で相手(被告)が拒否した場合の「
強制執行」での必要な書類と裁判所執行官への手続も無知です。

相手が損害賠償の支払いを拒否して転居(夜逃げ)しましても、
転居した所在地の調べ方も知りません。

そのような弁護士に相談しましても、弁護士本人が知らないので
すから、弁護士は「調べて、後日連絡します」か「とりあえず依
頼者で○○の書面を手配して下さい」程度しか答えられないし、
手配した書面を、どのように活用するのかも、弁護士は知りませ
んし理解していません。・・・簡単にカジッた知識ですね!

弁護士がなぜ、契約したのか?
相手の所在・会社(商業登記)が判明して、その上で「相手が債
務の支払いを拒否した」で・・・訴訟(裁判)しましょうです。

第三者債務差押ですが、裁判で判決が確定して、相手(債務者)
の金融機関支店名・口座番号が判明している場合は、裁判所債務
執行官室(裁判官の執行令状が必要です)での差し押さえが可能
です。・・・弁護士が教えたんですか?・・・大笑いです。


今後の対策:質問者さんが裁判所に行き、「執行官室」に行きま
すと、「強制執行の立ち合い専門業者」を紹介してもらえます。
有料ですが、弁護士よりも安い金額で債権回収の方法と行方が不
明(夜逃げ)の債務者の探し方を教えてもらえます。

債権回収の素人(弁護士ですね!)に相談しても無駄です。
質問者さんは相談相手を間違えたと理解して、新たな方策を考え
るべきです。

「債権回収・強制執行・夜逃げをされた」の経験者より。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

te_71levinさん

2017/4/112:45:20

会社として登記しているのが会社法人。会社とは名ばかりの屋号を付けただけの個人事業主。さてどちらでしょうね


給料を差押えするには、「給与支払者」を「第三債務者」として申し立てをします。給与支払者が会社なら登記事項証明書が必要になります。個人事業主ならいわゆる社長の個人名と住所が必要

でもほんとに給料でしょうかね?職人の場合、給料とか言いつつ工事内容に合わせた報酬や日数分の日当をもらう「請負」だったりします

第三債務者の特定も必要だけど、差押債権が給与なのか請負代金なのか、こっちもはっきりさせる必要ありますよ。

それらをクリアーしても、第三債務者が法に明るくない限り、債権差押命令なんか「なんじゃこりゃ?」とワケわからずシカトすることもあります。大企業とか公務員なら事務処理は淡々と進むんですがね。労働実態も把握は困難(タイムカードや賃金台帳なんかあるわけがない)だから、取立訴訟も難しいですよ

わからないから弁護士依頼するのだろうけど、わからなすぎると弁護士費用どぶに捨てただけになりますよ。もっともここまでわかれば自分で出来るし、断念すべきなら自己判断できるのですけどね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。