ここから本文です

特老と老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いを教えて下さい。

アバター

ID非公開さん

2017/4/300:00:36

特老と老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いを教えて下さい。

閲覧数:
76
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imawo_bmさん

2017/4/301:21:14

特老
特養とも略されますが、正確には特別養護老人ホームと言います。
これは地方自治体や社会福祉法人などが経営する公的な老人ホームです。
常時介護を必要とする方へ食事や排泄などの介護サービスを行う場所であり、入所された方にとって生活の場となる施設です。
生活の場ですから入所後は臨終の時まで入所し続けることができます。
少ない費用負担で長期入所が可能ですから人気の特養ですと入所待機者が大勢いますから入所申し込みをしてもすぐには入所できない場合も多いです。
ちなみに特養への入所待機者は40万人を超えていると言われています。

老人ホーム
高齢者が入所する施設の大雑把なくくりとしての名称です。
なので老人ホームと言っても特養もあれば有料老人ホームもありますし、グループホームなどの施設も含められたりもします。
特養は上で説明しましたので、有料老人ホームの説明をさせていただきます。
特養と違う点としては、主に民間団体が経営しています。
またサービスもピンキリで入所対象となる方も要支援から要介護まで様々です。
しかし、民間団体ですから介護度によっては入所継続が困難となれば追い出されることもあります。
入所費用も特養に較べると高額な傾向もあります。

サービス付き高齢者向け住宅
サ高住と略されることもあります。
基本的に介護が必要でない高齢者が入所する施設です。
サービス付き高齢者向け住宅に義務付けられているサービスは「安否確認サービス」と「生活相談サービス」のみです。
入所された方は自宅と同じように住んでいられますし、いざとなったらすぐに生活相談ができたりもします。
しかし、緊急時の入院先などを施設側で見つけてくれるわけではありませんし、介護度が高くなれば退所を迫られることもあります。
特定施設入居者生活介護の認定を受けていないサ高住ですと入所費用の他に介護サービスを利用した場合の介護負担料は一般と同じですし自前で払うことになります。
*特定施設入居者生活介護:ざっくりと言えば介護付き有料老人ホームのことです。
ですので、サービス付き高齢者向け住宅は安否確認してくれる人がいる高齢者向けアパートぐらいに考えてしまうのがわかりやすいと思います。

以上、ざっくりとではありますが、説明させていただきました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。