ここから本文です

『ガンバレ生協! 電気も売ります。家庭用に続々参入。宅配網強み!』2017/4/6 ...

blu********さん

2017/4/622:41:02

『ガンバレ生協! 電気も売ります。家庭用に続々参入。宅配網強み!』2017/4/6


◆全国で、電力自由化1年、新電力シェアは8.7%。 8ヶ月で3.5ポイント増加。

数年で10%に達するペースで増加中。
◆特に、東電/関電/北電で、新電力シェアが増加中。
◆生協は「原発でつくった電気は避けたい」という世帯の取り込みを狙う。


原発を持つ電力会社から電気を買ってはいけないのでは?

新電力シェアが増加することで、原発の廃止が早められるか?



・・・

『生協、電気も売ります 宅配網強み、家庭用に続々参入』2017/3/31 朝日

「家庭向け電力販売が自由化されて1年を迎えるこの4月、関西の生活協同組合が電気の販売事業に参入する。多くは風力や太陽光発電を手がける発電事業者から電気を調達して、組合員に売るスタイルだ。きめ細かな宅配網が営業活動の強みになっている。

■再生エネをPR

4月から新規参入する生協の一つが、近畿圏最大規模で組合員約168万世帯を抱える「コープこうべ」(神戸市)だ。平均的な使い方の家庭(月300kWh)の場合、関西電力の従来の電気料金より4.3%安くなる。電気は自前で持つ太陽光発電所で発電した分に加え、大阪ガスから買って調達する。初年度に3万件、5年後に9万件の獲得をめざす。

「京都生協」(京都市)と「ならコープ」(奈良市)も4月から参入する。

生協の電気が大手電力会社より安いのは、原発などの大きな発電設備や送電網を持たず、費用負担が少ないからだ。各生協とも、太陽光や風力などの再生可能エネルギーが入っていることをアピールする。「組合員から環境配慮型の電源を求める要望が強い」(コープしがの担当者)ためだ。

近畿・中国の7組織で4月から電気販売を始めるグリーンコープは「原発に頼らない電源構成をめざす」という。料金は大手と同水準だが、原発でつくった電気は避けたいという世帯の取り込みを狙う。

生協の参入は全国的だが、関西の生協が一斉に参入するのは、昨年4月に参入した「大阪いずみ市民生協」(堺市)の成功がある。「関電より最大14%安い料金」を売りに、25万世帯の宅配会員に重点的に売り込んだ。結果、1割近い約2万4千世帯が関電から契約を切り替えた。

他でも、コープさっぽろ(札幌市)などが電気を売っている。みやぎ生協(仙台市)など、今後、参入する例もみられる。

■新電力と協力

先月下旬。いずみ市民生協の電気営業担当、寺内昭則さんは宅配会員、池田浩子さんが住む堺市のマンションを訪ねた。

「加入すれば、今より必ず安くなります」。寺内さんが約20分かけて仕組みを説明すると、池田さんは「慣れ親しんだ生協だから安心できる」。夫と切り替えるかどうか相談し、後日契約した。

いずみ市民生協は、都市ガス販売が自由化される4月からガスも売り始める。電気とセットで契約すれば、大ガスの従来の料金より最大7.5%安くなるといい、初年度に3万5千件の契約獲得をめざす。

先行参入した「コープしが」(滋賀県)も昨年11月以降、4300件以上の契約を獲得している。

生協が電気を売る上での強みについて、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の荻野零児シニアアナリストは「宅配網を生かした営業活動」を挙げる。

生協の営業網は、電気の販売に新たに参入する企業にも魅力だ。大和ハウス工業傘下の「エネサーブ」(大津市)は昨年、いずみ市民生協と提携した。「家庭への強いチャンネルを得た」ことで、家庭向け契約のほとんどは生協を通じて獲得している。

関西圏では大ガスが関電から29万件の契約を奪うなど、家庭向けの電気販売をめぐり大手と新規参入者の競争が激しくなっている。」



・・・

<原発はすでに完全に不要になった!>

原発の発電量ほぼゼロなのに
◆電力供給はあり余り
◆燃料費/貿易収支/経常収支/CO2は、全て震災前に戻った
◆電力10社の石油消費量は、震災前の1/2に劇的に減少



<原発を維持すれば、電気代も税金も上がる!>

◆維持費: 震災後6年で8.4兆円
◆新規建設費(100万kW):1兆円以上(LNG火力700億円以下)
◆安全にならない安全化: 3.3兆円
◆福島原発事故収束: 9→22→70兆円
◆廃炉:千億円/1基
◆核燃料サイクル: 12.6兆円
◆もんじゅの次の高速炉開発:数兆円?
◆中間貯蔵施設:再稼働で増える使用済み核燃料棒で増設要
◆MOX燃料費: ウランの9倍 石油より高い。再稼働で燃料費は上がる!
◆電源三法交付金: 総額9兆円
◆原発関連の随意契約/天下り/寄付金/広告宣伝費の無駄使い: 年間数兆円?
◆次の原発事故への賠償金の積立て/保険など: 行なっていない。また国民の税金頼み
◆核廃棄物の将来コスト: 百万年管理する建物の建築費だけで、軽く「数千兆円」超え
もしMOX燃料を使えばそのコストはさらに10倍に!
もし地層処分を強行すれば未来の日本が破滅


原発とは、自民党による日本最大の政/官/財の「利権・癒着構造」だ!


池田浩子,寺内昭則,コープ,大阪ガス,いずみ市民生協,電力プラン,再エネ

閲覧数:
565
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2017/4/817:55:19

もれなく火力が付いてくる再エネではなく100%原子力のクリーンな電力プランを出してほしい。

  • 質問者

    blu********さん

    2017/4/818:26:24

    ◆原子力発電とは、

    (1)国家および国民を一瞬にして破滅させる装置
    (2)稼働すれば増加する核廃棄物は、人類史上最悪の環境汚染物質
    (3)火力の3.5倍もの地球(海水)温暖化装置
    (4)エネルギー変換効率はLNG火力の半分以下で、最も効率の悪い最も劣悪な過去の発電技術だ
    (5)本当の発電コストは、核廃棄物の処理/管理費用などを含めれば、火力の20倍以上、太陽光の10倍以上。経済合理性が全くない。
    原発を再稼働して維持すれば、日本経済に莫大な損失が発生し続ける。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/4/14 00:55:21

◆原子力発電とは、

・国家および国民を一瞬にして破滅させる装置
・稼働すれば増加する核廃棄物は、人類史上最悪の環境汚染物質
・火力の3.5倍もの地球(海水)温暖化装置
・エネルギー変換効率はLNG火力の半分以下で、最も効率の悪い最も劣悪な過去の発電技術
・本当の発電コストは、核廃棄物の処理/管理費用などを含めれば、火力の20倍以上、太陽光の10倍以上。経済合理性が全くない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる