ここから本文です

山にまつわる不思議な体験談、怖い体験談を聞かせてください。 他人から聞いた話...

プロフィール画像

カテゴリマスター

by_kazu1018さん

2017/4/716:59:16

山にまつわる不思議な体験談、怖い体験談を聞かせてください。
他人から聞いた話しでは無くご自身が体験した話しでお願いします。

まず僕から。
長野県上田市の山にて。

ある夏の日、僕は、墓地での伐採を依頼されます。
なにしろ墓地であり、デタラメに木を倒す訳にはいきません。
なので、事業体や森林組合に依頼したところ、勘弁してくれと、
冷たく断られてしまったそうです。そこで僕に話が来たのですが、
依頼理由が気に入らず、僕自身、乗り気ではありませんでした。
なんと、その伐採の依頼理由とは、落ち葉の掃除が面倒と言う、
余りに身勝手な理由だったのです。なら山の中に墓建てるなよ。
しかし、他に頼りがいないとの事で、なくなく引き受けました。
実を言うと、僕自身、特伐と言う、普通なら倒せない木の伐倒を、
得意としていました。なので、現場に着いた僕は、まず、
墓地には手を付けず、ワイヤーを引く土台となる、専門用語で言う、
台付けとなる木を求め、墓地の裏山の除伐に取り掛かるべきであると、
瞬時に判断しました。因みに除伐とは、背の低い木や、細い木、
ツルや草などと言ったメインの木の生育の妨げとなる植物の除去作業で、
それは、チェーンソーでは無く、刈り払い機で行う作業です。当然、
草苅刄では木を切れませんので、そこも専用の除伐刄を使用します。
そして、除伐を行うこと数分、ガッという音と共に、刃こぼれしました。
因みに刈っていた場所はツルが生い茂り、こんもりとしている所でした。
中に何があるのやら、その時の僕には想像もつきません。なので僕は、
とりあえず目立てをし、刃を直すと、そのツルの塊をかき分けました。
するとそこには、古びた石の彫刻が・・そう、無縁仏です。
しかも、一つだけではなく、ツルが塊っている部分は全てそれであり、
中には、ツルを取り除いただけで倒れてしまうものや、年月の末か、
溶けている物まで・・。僕自身、霊の存在には懐疑的ですが、
その時ばかりは「ちゃうねん。悪気はないねん。綺麗にしてるだけや。」
と、独り言を言ってしまいました。怖い(;_;)

埼玉県中津川にて。(下記画像)
近年、中津川では、峠まで林道が通った影響か、登山道が廃れています。
その登山道の有無は、かろうじて朽ちた木の階段や、手すりの跡、
または錆びて紙の無い入山届け受けが教えてくれる程度です。
しかし、僕は、そういう道こそ好きであり、昆虫採集家という性質上、
誰も足を踏み入れない場所の探索が日課です。なので、中津川での僕も、
数ある登山道を、いくつも制して来ました。そんなある日、僕は、
背丈ほどの草が生い茂った、旧林道跡地のような道を見つけ、
その先にまだ見ぬ登山道があるかも知れないと、いきり立ちます。
すると、草をかき分けた先に、タバコの煙がプカリ。なんと、
そんな草地の中で、ママチャリから降り、腰を降ろしながら、
タバコをくゆらす老爺がいたのです。僕は、不思議に思いながらも、
形式的に挨拶をします。するとその老爺は、僕に対し何をしに来たかと、
もろにブーメランと言えるような問いかけをしてきました。なので僕は、
古い登山道を探していると、素直に答えました。すると老爺は、
僕の行く先を指差すと、この先に地元民しか知らない、いわゆる、
秘密の登山道があると教えてくれました。なので僕は、お礼を言うと、
その方向に向かって歩みを進めます。すると、辺りは急に開け、
そこには一つの廃屋が・・。何故その地だけ草木に覆われていないのか、
誰かが管理しているのか、疑問は沢山ありますが、一番の疑問は、
どう見ても行き止まりであり、登山道など、存在しない事でした。
なので僕は、引き返すと、すでに老爺の姿はありませんでした。
あの老爺は何者で、一体僕をどこに連れて行こうとしたのでしょうか?
そもそも、何故、中津川林道をママチャリで?
怖い(;_;)

茨城県八溝山にて。
そこの登山道は、複数に枝分けれしており、まるで迷路です。
しかし、案内板がある為、まず遭難はしません。そして正午過ぎ、
僕は老夫婦とすれ違い、挨拶を交わします。そして間もなく、
天気は崩れ、大雨となりました。なので僕は、車に戻ると、
帰路に着きます。しかし、夜には雨足が弱まるとの事なので、
僕は、灯火採集の決行を決意すると、踵を返し、コンビニで夕食を買い、
夜を待ちます。そして夜。辺りは人気も無く、熊も鹿も出ない為、
灯火採集セットは放置で、登山道内を探索可能です。すると、
遠くで何かの気配が・・・ライトを持たない事から人ではありません。
熊も鹿も出ない。では、一体?その正体は、昼間の老夫婦でした。
遭難し、真っ暗闇の中で身動きが取れず、僕の気配に気づき、
声を上げたそうです。その後、灯火採集を中断し、老夫婦を送りました。
天候が崩れた後、帰宅をしなかった自分に対し、
その老夫婦との妙な縁を感じ、不思議な気分でしたとさ。

補足因みに、墓地の管理者も、無縁仏の存在を知りませんでした。
あんなに沢山、誰が眠っとるねん・・・怖い(;_;)

登山道,除伐,老爺,老夫婦,灯火採集,ごりん,ふきのとう

閲覧数:
982
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

takarin427さん

2017/4/721:57:55

kazuさん初めてまして、墓地の話共感して、ぞっとしました。私の地元では源平合戦一ノ谷の戦いで敗れ山間部に落ち延びた落ち武者の無縁仏(ごりんさん)が山中にたくさんあります。村の人間は厄介者の落武者を好意にうけいれず…土に埋めたらしいです。私自身間伐中にごりんさんを破壊してしまい、その日あわやの事故を起こしました。村のじいちゃんばぁちゃんはあそこのごりんさんは意地が悪いで切るんじゃねーよ。昔からあの山手出してみんな武家さんに殺されたんや。あの木の根本には武家さんがおるから土掘ったら刀が埋まってる。て話よくされます。実際に植林された林の中に一角だけ古いツルが巻き上げた古木が立ち並んでいます。足元には大抵丸い川の石がつんであります…ヤバい現場ではお坊さんにお経をあげてもらいますが大抵誰かがけがします。その他にも玉切り時に古い5寸釘で歯とばしたり、ちょくちょくヤバいなぁて思う事がありました。お互いにヤバい場所での仕事は気をつけましょうね

  • 質問者

    by_kazu1018さん

    2017/04/0722:18:45

    おっす〜。
    わし、免許持っとるけど、今は林業従事者や無いねん。
    山を知る為、緑の雇用を受け、森林組合入ったねんけど、
    出来高制でつい欲が出て、大怪我の末、傷病手当貰って、
    三ヶ月休んだけど病室から出れず、職場から1日出勤し、
    もう三ヶ月傷病手当で休め言われたんやけど、
    優しくされて逆に心が折れた・・・無表情で泣いた。
    墓地の時も退職後の一人作業よ!刈り払い競争とか、
    楽しかったけど、競うもんやない。山仕事は危険が付き物。
    日々目の前を死がかすめて行く。死が常に身近にある。
    せやから曰くつき曰く無し問わず気をつけてください。
    せやけど、墓地はホンマ怖いよな。あれ、あかんがな。
    わし、無神論者で霊も懐疑主義者やけど、その後日、
    お供え物と線香焚きに行ったがな。なんかありそうで、
    なんもせずに済ませる事が出来ひんかった・・・

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/4/7 23:43:17

一番共感出来たからベストアンサーぢゃ!!!!
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

az200kaさん

2017/4/721:31:13

不思議ではないけど肝が縮んだこと。

十数年前のちょうど今頃、山形県米沢市の県道154号にフキノトウを採りに行ったら(道路の路肩だから合法)その年は残雪が多くて10個くらいしか採れず、来週にでもまた来ようかと引き換えし始めたら、車の前を子犬くらいの黒い獣二頭が突っ切りましてな、少し行き過ぎて止まり、なんだったんだろうと振り返ったら1mくらいの雪の壁から飛び出したクマが車めがけて駆け寄ってくるのが見えて、私ゃ慌てて急発進して逃げました。
クマは普通車を避けるものだけど、私が車を止めたので、子を盗まれると早とちりして襲ってきたんでしょうな。逃げ切れたけど、以来3年ばかりそこ行かなかった。
フキノトウごときで死にたくないもんね(笑)
オジンより。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2017/4/720:10:41

怖い体験談ではないけど、tento1326に指示されたので、投稿します。

樹液を回っていたら服の背中側にハナムグリらしき虫がついた。大きさや動きからみてシロテンとかだろうなと思ってその虫を手でつかんでしまった。そしたらみた瞬間スズメバチ。即刻投げ捨てた。女王だったが翅が欠損している弱った個体だったので奇跡的に刺されんかった。メスを素手で触ったのはこのときだけだな。

夏の終わり、なんか変なクワガタとりのおっさんがいた。なので気づかれない程度に尾行したら樹液ポイントに行った。でそれで新しいポイント分かった。そこいったら、アカマダラハナムグリ採れた。

衝突板トラップを車道から見えない場所で登山道もない場所にかけた。そのトラップを回収しようといったら、上からおっさんが降りてきた。登山道もないのにどうやってここまで降りたの?と疑問に思った。

バナナトラップ遊歩道の少し奥にしかけていたら、数十メートル先を高速で動物が走り去った。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/4/717:17:14

カテゴリとはあんまり関係ありませんが、山ということで。

私は小さい頃からボーイスカウトをやっており、その日は山奥で2泊3日のキャンプをしていました。
班の仲間と数人で同じテントで寝るのですが、私だけなかなか寝付けず、トイレに行きたくなり、1人でテントを出ました。
山奥ですから、ちゃんとしたトイレがあるわけもなく、人目につかない所まで行って用を足すという感じです。
周りは真っ暗で、灯りとなるものはヘッドライトしかありません。
何回も同じ場所でキャンプをしているので、私はもう慣れてしまいましたが、普通の人だったら怖くて行けないと思います。
そんなこんなで用を足し、ポリタンクの水で手を洗おうと、簡易的な調理場へ向かいました。すると、右から左へ、白いスカートをはいている、明らかに下半身しかない真っ白な女の子が、凄い勢いで走り去っていきました。
一瞬の出来事でした。何かの見間違いではないだろうかと自分を疑いました。
その山にはイノシシが棲んでいますが、明らかにイノシシではありませんでした。というのも、地面には落ち葉や木の枝が散らばっているため、歩くだけで音がします。
猛スピードで走るとなれば、カサコソどころではありません。
ですが、私が見たものは、全く音を発していませんでした。
何が起きたのかよくわからず、ただただポツンとその場に硬直していました。
何秒かして急に怖くなった私は、急いで手を洗い(←ちゃんと手は洗いました)、仲間が寝ているテントへ走りました。
あまりに急いだため、テントの入り口付近のロープにつまずいて、寝ている仲間にぶつかってしまい、寝ている仲間を起こしてしまいましたが、今起きた出来事を一部始終仲間に報告できたので、なんとか落ち着きを取り戻すことができました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。