ここから本文です

朝鮮半島有事に在日米軍基地や日本の大都市が北のノドンミサイルによって報復攻撃...

rt2********さん

2017/4/1023:02:43

朝鮮半島有事に在日米軍基地や日本の大都市が北のノドンミサイルによって報復攻撃されることはありえないと思います。

ですが最近の報道番組ではなぜ軍事専門家や国際ジャーナリストが日本人も当事国だから覚悟を決めろ見たいな恐怖を煽るようなことを言うのでしょうか?平和ボケ日本国民の国防意識の低さと憲法9条崇拝を変えたいがために意図的に刺激を与えてるのでしょうか?
私も素人ながらなるべく冷静に朝鮮半島情勢の成り行きをいろんな角度からのニュースにて日々心配して注視しているつもりなのですが、まずアメリカが北朝鮮に軍事行動を開始する絶対前提条件として、在日米軍基地が報復攻撃を受ける可能性がある以上は決断できるはずがないと思いませんか。いくらトランプがアメリカが『やるときはやる!』と意気込んでみたところで現実は未熟な核保有国の独裁者一人を排除するために同胞や味方の多大な人的経済的犠牲を払ったとしたらそれは勝利ではなく失敗でしょう。よく言われる追い詰められた北の数十発のミサイルが同時発射されたら迎撃不可能、米軍基地や都市部に核や化学兵器が着弾する可能性は捨てきれない・・本当ですか?北がいきなり先制攻撃してきたらそうなるでしょう。しかしいくら金正恩が未熟でも指導者としてのプライドはあるでしょうから壊滅的報復の口実を相手に与える先制攻撃なんて実行する理由がないと断言できますし、逆にアメリカの先制攻撃でも北からの報復攻撃を100%防げない状態での一か八かの武力行使(斬首作戦)も英雄でありたいと思うアメリカ大統領が決断できるはずがないと思います。
北が新たな核実験とアメリカ本土に届くICBMやSLBMをついに保持したぞ!我慢の限界だ!レッドゾーンだ!アメリカの自衛権発動だ!抹殺だ!攻撃だ!となっても自国の戦時損害の有無をシミュレーションしないことは作戦上ありえないので私なら有事の際こう考えて安心します。
おお・・ついに北への軍事行動開始かぁ。ということは北からの報復攻撃が全て無力化されたのか、すごい!さすがだな!そしていつもどおりの空を窓から見上げてゆっくりニュースで北朝鮮独裁体制崩壊の歴史的風景をを見届けよう・・コーヒーでも飲みながら。
アメリカがいくら戦争好きでも多数の自国民とその家族が暮らす米軍基地の存続を危機にさらしてまで絶対に武力行使はしないだろうと思うことは正常な思考回路ですよね?安倍首相も同じように考えているから国会ではのんびりしているんですよね。あとは信じて祈っています。同盟国の民間人を殺すことにつながる決断はいかなる理由でも絶対に許されません。

閲覧数:
531
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ali********さん

2017/4/1114:23:17

>しかしいくら金正恩が未熟でも指導者としてのプライドはあるでしょうから壊滅的報復の口実を相手に与える先制攻撃なんて実行する理由がないと断言できますし

あなたの考えが正しいならそもそもこれまでのミサイル実験などしてませんよ。

どうして危険性を無視して楽観しするんですかね?
あなたの考え方こそありえません。

仮に北が思いとどまるとしても、その結果を確認するまではこちらとしては備えをすることは絶対条件です。

これが常識であり良識。

  • 質問者

    rt2********さん

    2017/4/1120:33:12

    楽観視はしていませんが両国の指導者の心理に立って理論的に考えているだけです。北の核開発を断固許さないというのは核保有大国であることで世界を意のままに動かしてきたアメリカの自国第一主義の考え方に同調するものです。経済力も資源もない北朝鮮が核開発してアメリカを侵略する気があると思いますか?北の核保有は侵略の手段ではなく強固な自衛のためです。核と言う強力な外交カードを持つことで自国の独裁政権を安泰させたいのですよ。ベトナムであれイラクであれイスラム国であれアメリカは核保有国を攻撃した歴史はありません。事実トランプが就任前に北のリーダーと会談してもいいと宣言していた間は北の指導者は何も動かなかった。ずっと待ち望んでいたアメリカとの会談で不可侵条約を提案するチャンスだと思っていたが一転強硬姿勢に変わったトランプに最大限の抵抗をしていますね。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

w06********さん

2017/4/1721:55:09

北朝鮮は、アメリカを引かせた後、核ミサイルで日本を脅すのであって、今の時点でも、後でも日本にミサイルは落としても利益はありません。

日本にとっては、
隣のならず者がピストルを手にいれようとしていて、町内の探偵がそれを阻止しようとしている。ならず者は生活が苦しいがピストルさえあればそんなものは挽回できると、ピストルを持つことに全力を注いできました。

もし探偵が手を引いたら、隣の日本さんは自衛のためにピストルを手にいれるか、ピストルで脅されて一家はならず者の奴隷になるしかない。

という日本にとって厄介な状況です。


経緯は、

北朝鮮は国内に地獄を作っています。完全統制区という収容所はアウシュビッツよりひどいものです。単純な初犯の脱北者などが送られる収容所は最も軽い処罰ですが、それでも日本人にとっては想像もつかない身の毛もよだつものです。

支配者の金一族はヒトラーより規模は小さいけど、悪質さはヒトラーを超えています。その金が国民を餓死させたり虐殺しながら、核ミサイルを開発してきたのです。裏では中国が北朝鮮を支えています。その危険性を、日本もアメリカも今まで放置していて、とうとう核ミサイルが完成目前になってしまったわけです。北朝鮮の危険を軽視してきたこと、これが問題だったのです。

北朝鮮のアメリカにまで届く核ミサイルが、完成すればアメリカは手を引くかもしれません。それでアメリカが手を引いたら、日本は核ミサイルで脅されてなんでも北朝鮮のいいなりです。最終的には尼崎事件の被害者みたいになるでしょうね。

kii********さん

2017/4/1114:20:37

どうでしょうね・・・先に手を出させるのは戦争の常道ですから。
真珠湾だってアメリカは把握していたのにやらせたわけで。
国民の生命が大切だから攻撃はない、という観測は捨てたほうがいいですよ。アメリカはイラク戦争通算で4500人ほどの死者を出していますがそれでも継続してるでしょう?

ただ、アメリカの真の狙いは別のところにあるし、北もそれは理解していますので、直接戦闘の可能性は低いでしょう。

シリアの攻撃の後、盛んに次は北だ、という報道が一斉になされましたね。これは変な話です。シリアと北は直接的な利害関係にはないのに、なぜ、このタイミングだったのか。要するにシリアを見せしめにしたのだろう、という見解で大方の意見は落としたんですが、それはあまりにも乱暴です。だって、本当にシリアと北は関係ないんですから。

では、どういうことかというと、ロシアへのメッセージなんですね。
シリアはいうまでもなくイスラエルの隣です。
イスラエルは本来、中東における西側陣営の橋頭堡としておかれました。70年経って意味は薄れたりとはいえ、この位置に置かれた理由は重要で、要するにロシアの地中海への睨みである黒海艦隊の出口を抑え、バルカン半島への支援を分断するために置かれたわけです。
対するロシアは分断を阻止するためにシリアを支援し、親露国として機能させている。他にも同様の目的の、リビアなど北アフリカ国もあったのですが、それはすでに「アラブの春」によって西側に陥落しました。
つまり、残った最後の砦、シリアが最終局面に突入すると、ロシアはいよいよ後がない。ここが落ちると後は一気にウクライナまで「前線」が後退するので、もう必死なわけです。

そして、このタイミングで、今度は東の防衛ラインの要である北朝鮮が攻撃を受けると、ロシアはもはや為すすべがない。
つまり、ロシアは現在進行形で、なんらかの政治的妥協を西側に迫られている最中なわけです。これが今回のアメリカの行動の真意です。

攻撃とはいっても、実際にドンパチやるわけではなく、圧力をかけるだけで本来は十分です。
圧力そのものはむしろ自国民の結束になりますが、指導部がそれに屈し、軟化すると今度は国民がそれを許しません。要するにクーデターが起こる。かといって暴発すればアメリカにコテンパンにやられますから、それはそれでたまったもんじゃない。北は今その狭間にあって、非常に苦しい立場です。
アメリカがこのまま圧力を加え続ければ北はいずれ自壊します。それが一番困るのは、実は中国ではなくロシアなんです。

そして、現在の中国は北との関係を見直す時期に来ています。
中国は従来陸軍力を重視してきたので、北朝鮮の位置を極めて重要視していた。しかし、時代は変化し、中国にとって最重要地域は南シナ海に移動しました。
ベトナムが緩やかにロシアから離れて民生交流で中国と結びつきが強くなり、中国の南シナ海の基地も完成して影響力を保持できるようになったいま、中国はもう安心してアメリカと付き合えます。
本音は両国とも仲良くしたいわけで、もう北は「お荷物」になっている。金正恩はその空気を感じ取り、しきりにアピール弾をとばして米中の気を引きたい。米中関係が悪化すれば相対的に自国の重要度が増すので、妥協点を高く設定させることができるからです。

つまり、ロシアは安全保障という国の根幹に関わる部分で北を見ている、中国はもう距離を置き始めている、北はそれをなんとか食い止めようと地団駄踏んでる。
この三者にはアメリカを核として三者三様の別々の利害があり、温度差もある。こういう関係はアンバランスで壊れやすいのです。
アメリカは、うまくいけば中露の関係を離間し中国、もしくはロシアを西側自由主義陣営に取り込む機会と捉えていて、そのテコとして北が機能すると考えているわけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる