ここから本文です

H2Sに対して酸化剤として働く金属イオンは3価の鉄イオンだけ(基本的な金属イオンの...

the********さん

2017/4/1116:15:09

H2Sに対して酸化剤として働く金属イオンは3価の鉄イオンだけ(基本的な金属イオンの中で)なのはなぜでしょうか。

閲覧数:
35
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ari********さん

2017/4/1121:38:24

一般に遷移金属のイオンは難溶な硫化物を作る。
Ag^+ は Fe^3+ よりも強い酸化剤と云えるが Ag2S の極めて難溶で安定した沈澱を作る為に H2S を酸化出来ない。しかし Fe2S3 は Ag2S 程は難溶で安定していない為に分解して FeS と S を生じる。
つまり或程度 酸化力のある金属イオンは其の殆どが極めて難溶で安定した硫化物を作る為に H2S を酸化出来ない訳である。例えば Ag^+ や Cu^2+ 及び Hg^2+ 等が当て嵌まる。

質問した人からのコメント

2017/4/18 00:22:19

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2017/4/1119:21:56

六価クロムが有ります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる