ここから本文です

知的障害者が債務者になった場合は、債権回収の弁護士が知的障害者の債務者の作業...

アバター

ID非公開さん

2017/4/1614:27:38

知的障害者が債務者になった場合は、債権回収の弁護士が知的障害者の債務者の作業所の工賃を差押にする方法は?工賃は現金です。

閲覧数:
63
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/4/1822:12:04

生活保護を受給しながら作業所に通所していれば差し押さえ不可。

それ以外なら差し押さえ可能。

しかし知的障害を理由に破産するでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/4/2016:13:21

作業所の工賃て、時給に換算すると80円とかやろ?ガキの小遣いにもならんカネ差し押さえてどないすんねん。弁護士費用のがようけいるわ

te_71levinさん

2017/4/1615:11:30

工賃とは何?給料でしょうか、それとも知的傷害者自体が経営し他者から請負契約で製作した分に対する代金でしょうか?

いずれにせよ債権に違いがないから、債務名義を得てから、第三債務者を指定してその工賃とやらを差押債権とした債権差押命令申し立てをする

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。