ここから本文です

木造住宅の耐震性能について。

rep********さん

2017/4/1621:23:08

木造住宅の耐震性能について。

筋交いと耐震パネルの両方を使用することのメリット、デメリットはどういったものがあるのでしょうか?

閲覧数:
155
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/4/1621:48:00

筋交いは圧縮に耐えられますが、引っ張りに弱いです。
柱と梁と筋交いの交点に応力が集中する為に、他の部分と力を分散する構造が悪いと柱より細い筋交いから破折が起こります。


構造用合板はどの方向のチカラにも強く、耐力壁として効果を発揮します。
筋交いよりも力を面で受け止める為薄くても、大きな外力に耐えられます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる