ここから本文です

IFRSについて

アバター

ID非公開さん

2017/4/2112:38:31

IFRSについて

大学の会計学の授業でIFRSについて学びましたが、いまいち理解できませんでした。

際会計基準審議会(IASB)によって設定される会計基準だそうですが、

これが導入されると、具体的に監査の仕方や会計士の仕事にどのような影響がでるのか

簡潔に教えていただけないでしょうか。

閲覧数:
133
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hoo********さん

2017/4/2123:01:00

かなり認識のズレがありますね ><;
説明した教授の認識があいまいなのかな・・?

>国際会計基準審議会(IASB)によって設定される会計基準
=>国際会計基準審議会(IASB)によって設定されている会計基準です。
世界の会計基準の観点で見ると、このIFRSの他には、
US GAAP(アメリカ会計基準)、JP GAAP(日本会計基準)があります。

>これが導入されると・・
=>日本には導入されません。
但し、上場企業でかつ海外市場でも活動している企業は、
任意でIFRS適用が認められています。
現在のIFRS適用会社は111社 http://www.jpx.co.jp/listing/others/ifrs/index.html

ちなみにUS GAAPで開示している国内企業は27社ぐらい。
USの証券会社に上場している企業です。

○IFRSが与えるJP GAAPへの影響
JP GAAP(日本会計基準)もIFRSによりかなり翻弄されてきました。
・会計コンバージェンス(2007〜2010頃)
JP GAAPをIFRSに収斂(しゅうれん)させる方向にシフトした時期です。
四半期開示・リース会計・資産除去債務・セグメント開示など、日本会計基準をIFRSに合わせるため大幅に改正が発表された時期です。
・アダプション(2010〜2013)
日本会計基準をIFRSに合わせる努力も、変化するIFRSに追随できず、コンバージェンスが挫折してしまいます。
そこで出てきた方針が、国内企業のIFRS強制適用(コンバージェンス)です。
但し、これも挫折!!
・エンドースメント(2014〜)
変わって出来てきた方針が、エンドースメント。
エンドースメント IFRS と言うのが正式な呼び方。
IFRSの項目を個別に精査し、項目ごと承認し会計基準を策定する方向です。

○日本企業の開示はどうなる?
現在日本企業に認められている会計処理手順は3つ。
JP GAAP(殆どの企業)、IFRS(111社)、US GAAP(27社)
今後エンドースメントIFRTSなる基準が現れ、4つの会計基準となります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/4/2512:43:31

    ご回答ありがとうございます

    >>国際会計基準審議会(IASB)によって設定される会計基準
    =>国際会計基準審議会(IASB)によって設定されている会計基準です。
    →なにがちがうのかわかりません、、ご教示お願いできますか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kei********さん

2017/4/2703:01:47

授業でやったかと思われますが、日本基準や米国基準が細則主義と言われているのに対して、IFRSは原則主義と言われています。

したがって、会社にもそうですが、当然に監査人にはより判断が要求される局面が多くなります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる