ここから本文です

内田百閒や諸星大二郎の書く、異界を感じさせるような話が好きなのですが 何かお...

tan********さん

2017/4/2820:07:22

内田百閒や諸星大二郎の書く、異界を感じさせるような話が好きなのですが
何かおすすめの作品はないでしょうか?

閲覧数:
147
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsu********さん

2017/5/113:15:32

もう読んでいるかもしれませんが

・『蛇を踏む』『神様』 川上弘美
現実と異界の境目が曖昧な短編集。初期の短編は、内田百閒を思わせる作風といわれていたのを何度か見かけた気がします。

・『高丘親王航海記』『ねむり姫』 澁澤 龍彦
サドなどの海外文学の翻訳や、博物学のエッセイなどで有名ですが、数は少ないですが小説作品も残しています。

・『童貞』『語り手の事情』 酒見賢一
もう少しエンターテイメントよりの作品も書かれていますが、上の二人からすると、たぶんこの二作あたりがお勧めではないかと。

・『結ぶ』『蝶』 皆川博子
長編は海外を舞台にしたミステリ作品が最近は多いのですが、短編はかなり作風の違う。悪夢に引き込まれるような幻想的な作品をかかれる方です。

・『夜市』『南の子供の夜行くところ』 恒川光太郎
ホラー文庫からでていますが、どちらかというダークファンタジーに近い作風。

  • tsu********さん

    2017/5/113:40:16

    諸星大二郎は昔『暗黒神話』(たぶん……)を読んだっきりでほとんど内容も覚えていなかったんですが、ほかの作品の解説をざっとみたら。
    もしかしたら酒見さんは下の二作などもおすすめかもしれません。

    『陋巷に在り』
    『泣き虫弱虫諸葛孔明』

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/5/1 17:34:34

こんなに丁寧に回答してくださって嬉しい限りです。ありがとうございます。
川上弘美と恒川光太郎以外は全部読んだことが無い作家さんですので早速漁ってみたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cd1********さん

2017/4/2900:57:14

小野不由美さんの『十二国記』はどうでしょう。
海の彼方にあるとされる神仙の住む世界。
十二の国には王と民、仙人や妖魔がおり、王は神獣とされる麒麟に選ばれ、不死となる。
といった内容です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる