ここから本文です

中国とロシア戦争したらロシアの圧勝ですか?

闇の皇帝さん

2017/5/314:59:40

中国とロシア戦争したらロシアの圧勝ですか?

閲覧数:
392
回答数:
10
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xia********さん

2017/5/510:04:18

你看起来很开心啊(笑)。
日本メディアでも紹介されましたが、次世代研究も開発もロシアは中国にはかなわず差が拡大する一方ですよ。
「中国、マッハ5~10の次世代極超音速兵器を開発 高速で滑空、日韓ミサイル防衛を突破 実験は米より先行 - 産経ニュース」http://www.sankei.com/smp/world/news/170226/wor1702260021-s1.html

そもそも、ロシアは経済を中国に完全に依存していて、依存度は世界一です。
中国は、米国とも貿易取引は世界一ですし、欧州各国とも同じです。
わざわざ、武力で戦わなくともロシアから経済分野で距離をとれば勝手に滅びます。
彼らにはないですが、中国には代替国がたくさんあります。
もしも、彼らが飢え死にしそうになったら、「僕たちの経済奴隷としてきつい仕事あげようか?」と生かさず殺さずなつけてあげればよいだけです。

下の刘さん、この投稿拝見しました。
日本の敵、中国国歌を熱唱する美国軍。
美国军乐团演奏中国国歌
https://youtu.be/jeYyYWZx1dk
你看起来很开心啊(笑)。

  • xia********さん

    2017/5/510:14:36

    勉学にも仕事にも励まず、努力もしないナマケモノが、「世界一ずる賢く世界一適当、しかし勤勉努力民族」と言われる僕たち漢族には勝てませんよWWW
    中国が敗北した100年の歴史は、僕たちは挽回します。
    中国が世界に勝ち続けてきた2000年の歴史を取り戻します。
    ロシアなんか相手ではない。
    しかし、各国を尊重もし学ぶべき点は素直に学びたいです。
    你管你的吧!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

scr********さん

2017/5/818:42:54

両方、核を持っているから全面戦争になったらダブルKOでしょうね。

孔 亞夢さん

2017/5/511:04:23

孫子曰く、およそ兵を用もちうるの法は、馳車ちしゃ 千駟せんし、革車かくしゃ千乗せんじょう、帯甲たいこう十万、千里にして糧りょうを饋おくるときは、すなわち内外の費ひ、賓客ひんかくの用、膠漆こうしつの材、車甲しゃこうの奉ほう、日に千金を費ついやして、しかるのちに十万の師挙あがる。その戦たたかいを用おこなうや久しければすなわち兵を鈍つからせ鋭えいを挫くじく。城を攻むればすなわち力屈つき、久しく師を暴さらさばすなわち国用こくよう足たらず。それ兵を鈍つからせ鋭を挫くじき、力を屈つくし貨を殫つくすときは、すなわち諸侯その弊へいに乗じて起こる。智者ありといえども、そのあとを善よくすることあたわず。ゆえに兵は拙速せっそくなるを聞くも、いまだ巧こうの久ひさしきを睹みざるなり。それ兵久しくして国の利りする者は、いまだこれあらざるなり。ゆえにことごとく用兵ようへいの害を知らざる者は、すなわちことごとく用兵の利りをも知ることあたわざるなり。 

→やっぱり、この言葉を日本語に訳すと理解がしにくくなると感じましたから、英文に訳し以下続けます。

In the operations of war, where there are in the field a thousand swift chariots, as many heavy chariots, and a hundred thousand mail-clad soldiers, with provisions enough to carry them a thousand li, the expenditure at home and at the front, including entertainment of guests, small items such as glue and paint, and sums spent on chariots and armor, will reach the total of a thousand ounces of silver per day.
Such is the cost of raising an army of 100,000 men. 
When you engage in actual fighting, if victory is long in coming, then men's weapons will grow dull and their ardor will be damped.
If you lay siege to a town, you will exhaust your strength.
Again, if the campaign is protracted, the resources of the State will not be equal to the strain. Now, when your weapons are dulled, your ardor damped, your strength exhausted and your treasure spent, other chieftains will spring up to take advantage of your extremity.
Then no man, however wise, will be able to avert the consequences that must ensue. Thus, though we have heard of stupid haste in war, cleverness has never been seen associated with long delays.
There is no instance of a country having benefited from prolonged warfare. 
It is only one who is thoroughly acquainted with the evils of war that can thoroughly understand the profitable way of carrying it on. The skillful soldier does not raise a second levy, neither are his supply-wagons loaded more than twice.
Bring war material with you from home, but forage on the enemy. 

まずは、「道」、「天」、「地」、「将」、「法」から自分たちの実力を知ることが大事で、次に上記につながります。
そして、戦略を練ることが大切です。
それを、計編、謀攻編などに反映させ、戦略を有効にかなえるため得意、不得意、有利、不利など状況に応じて作戦編、九変編、九地編、軍争編、火攻編、行軍編、軍形編で最も効果的な戦術を発揮していくべきです。
この兵法は、2500年前の中国で生まれました。
現代では、米国軍の士官学校の教科書にも載っているみたいです。

そもそも用兵の原則は、敵国を傷つけずに降伏させることが最上であって、戦って打ち破るのはそれよりは劣ります。
軍や国家を降伏させるのが最上であって、軍や国家を打ち破るのはそれより劣ります。
だから、百回戦って百回勝つのが最善なことではないのです。
戦わずして勝つのが、最善なのです。

私は、ロシアに対しては、
百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり、と思います。

liu2(刘)さん

2017/5/509:26:38

僕は、中国人です。
公平に客観的な事実としては、この情報が有力ですが、ロシアの順位はすでに抜かれているとの見解もあります。
Global Firepower Military Ranks - 2016
http://www.globalfirepower.com/countries-listing.asp
しかし、このランキングには日本単独ではなく、米国との同盟が反映されています。

(中国)
①世界一の兵力
②世界一高い質の兵士:地域徴兵制の影響もあり、兵士の質は世界で最も高い(地域徴兵制とは、その地域で最も頭脳や愛国心教育の成績、運動神経や学力が高い者だけが選抜され徴兵されます)。
③兵器、武器の急速な近代化:昔と異なり、兵器の多くは研究も開発も国産となり、さらに高度化に向かっています。潜水艦の静寂性問題も解消、戦闘機すべての部品はエンジンを含め国産であり、昔のようにロシアには頼らず、逆にいまはロシアの戦闘機よりも優れています。
※ちなみに日本は、戦闘機すら作れず米国からの旧式を高く買わされています。

④国家政策として、「陸・空一体の通信連携によるハイテク兵器の駆使、ハイテク兵器の研究、開発促進、兵士一人一人の装備品のハイテク化促進」の目標によって整備が進んでいます。
※また、例えば、地上で目視したり熱探知などした敵情報が、一人の兵士から瞬時に航空機などに伝えられ、爆撃要請から数十秒で敵をミサイルなどでピンポイント爆撃するなど兵士のハイテク化は、自国軍の兵士は一人でも命を無駄にさせないという演説をした習近平氏の大号令によるもので、中国政府はさらに加速させようと、陸、海、空に加え宇宙を対象に進めています。

⑤北斗(中国版GPSで全世界カバーしており、これを可能にしたのはアメリカと中国のみ)の高度化や2020年から運用がはじまる宇宙ステーションの軍事利用化(1ヵ国のみの宇宙ステーション開発、運営は中国が世界初。2024年目処のISSに一ヵ国のみの中国が先行してしまう現実があるが、ISSの計画は難航中)、ステーションのロッキング技術の高さはロケット技術の高さを証明していたり有人飛行でもロケット技術の高さは日本を上回っていることを証明しています。

⑥極超音速兵器開発が世界一進んでいる。(核兵器よりも甚大な被害を発射から一瞬で達成でき敵の迎撃システムが無力化されてしまう)

⑦AIの軍事的利用化、研究開発への予算、人材投入は、世界一で、国家の最大目標のひとつです。

⑧国連安保理の五大国の1つで核兵器も合法的に保有できる国。(イラクや北朝鮮、日本が保有を疑われたら即時に国際社会から制裁される)

⑨国防費17兆円であるにも関わらず、社会保障費に影響を与えず、国の最低生活保障や年金制度の支給水準も年々上がっている。(裏を返せば、軍事費もまだまだあがる。)※日本の防衛費は、約5兆円であるが社会保障費等を削減して捻出。さらに国債発行(借金)で賄っている。

⑩中国の国際的な発言力や影響力は、日本よりも高くさらに向上していきます。(日本は急速に低下してきましたし、これからも低下していく要因で溢れている)

(ロシア)
①総人口1億4千万のうち過半が病気(アルコール中毒や高齢者)なので、軍事国家のはずが優秀な兵士が集まらず、経済的にも予算が確保できず新たな兵器開発や更新もできず、戦闘機すら錆び付いている。
昔は、中国が頼っていた兵器が今では中国国産の方が質も性能も高くなり、それでもナマケモノロシアは切磋琢磨しようとしない。
②冬季には国土の半分以上が凍りつき、維持費が大変で軍事費どころでない。面積に応じた資源も乏しい。
③演習や訓練で航空機の飛行をしたいけど燃料が乏しい。

また、ロシアを含め多くの国は、2~3三軍種(陸・海・空)ですが、中国は5大軍種です(陸軍、海軍、空軍、宇宙軍、サイバー軍)。
※中国のロケット軍は事実上の宇宙軍であり、戦略支援軍はサイバー軍です。

現時点では、発展途上国の中国は、成長を続けてきた国力を背景に、これからも、国際影響力、経済力、軍事力などを前進させてきました。
20年前と現在を比較すればわかりますが、さらに20年後は、現在よりもはるかに前進しているはずです。

国産戦闘機すら造れずにアメリカから割高で買わせてもらっている日本からすると、あらゆる面でロシアは超大国です。
ロシア人も当然ながら日本人は格下と思っていますから、双方の認識の一致するところです。
しかし、僕らの国からみるとロシアなんかあまり凄くはありません。
あのくには、世界共通認識の新興衰退国である日本よりも将来性もないのではないかと僕は感じます。
ただし、日本や韓国と比較すればたしかに大国であり強国です。

黄小蘭さん

2017/5/414:14:11

だらだら戦争が続くだろ。

その間に両方とも国が分裂するだろ。

mot********さん

2017/5/405:01:39

ロシアによる中国統治が始まります。
圧倒的な数の漢民族を統治するためロシア人も中国語を勉強する必要に迫られます。
200年後、ロシア語も中国語の影響によって相当変わります。
もしかしてキリル文字から漢字表記になっているかも知れません。
清朝を打ち立てた満州族のようにロシア語を話せるロシア人が少数派になるかも……
少数派が多数派の中国人に取り込まれて中国語を母語とするようになることを漢化と言います。
ロシア人が戦争に勝った瞬間、漢化が始まります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる