ここから本文です

括弧内の長文セリフの中の句読点についての質問です 例えば ①山本周五郎は全て...

kaz********さん

2017/5/411:03:05

括弧内の長文セリフの中の句読点についての質問です

例えば
①山本周五郎は全てと云っていいほど「○○○、○○○、○○○」の「 、 」による処理
:例外は誤植?

とも思える” 青竹 ”に記された1件のみ

②志賀直哉は細かく括弧割りをするようなのですが、長文のセリフの際は
「○○○。○○○。○○○、○○○」と「 。 」と「 、 」の組み合わせ
:灰谷健次郎も同様

①②の長短は在りますか?
こういうのは個性とかこだわりなんでしょうか?
小説に詳しい方、読書好きの方の御教授を頂ければ幸いです

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
76
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2017/5/616:02:45

業界全体のルールはないので、作者独自の処理です。
一応、両方とも意図があることは分かりますし。

長所や短所はほとんどないと思いますが、①については、
修飾関係が不明確になりかねないケースが考えられます。
それと、これは読み手の癖や読み方にもよりますけど、
リズムを取りづらいと感じる場合はあるかもしれません。

ということで、無難なのは②のタイプでしょう。
つまり、現代作家(の大半)と同じ手法です。

質問した人からのコメント

2017/5/7 14:22:50

ありがとうございました、リズムが重要なんですね

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nek********さん

リクエストマッチ

2017/5/618:46:57

山本周五郎って読点のみでしたっけ?
気がつかなかったなぁ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる