ここから本文です

住宅ローン地獄にならない方法を教えて下さい! 安月給の旦那が家を買うと急に言...

mimimama260011さん

2017/5/723:49:54

住宅ローン地獄にならない方法を教えて下さい!
安月給の旦那が家を買うと急に言い出しました。
廃品回収の仕事で手取り月給30万円です。

家の近所で新築が売ってて旦那はセールスマンにのせられて1800万円も住宅ローンを背負おうとしてます。
旦那の気持ちは嬉しいけど住宅ローンを背負った先の将来が心配で眠れません!
安月給で住宅ローンを背負っても住宅ローンの借金地獄にならない方法を教えて下さい!

閲覧数:
4,226
回答数:
9
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

田中勲さんの写真

専門家

2017/5/818:41:49

住宅ローンを何千万円も組むということは、勇気がいりますよね。
Yahoo知恵袋で専門家登録をして頂いているゼロシステムズの田中勲と申します。

住宅ローン地獄の意味が“将来的に返済が出来なくなる”や“返済が苦しくなる”という事を指しているという前提で回答させて頂きます。

◆住宅ローンで返済が滞る可能性があるリスクとは?

1.変動金利による月々の返済額の上昇リスク
2.変動金利による金利上昇による未払い利息の発生リスク
3.病気、怪我による収入減少リスク
4.失業による収入減少リスク
以上の4つを回避できれば、住宅ローン破綻を避けることが可能です。


◆変動金利と全期間固定金利の住宅ローン返済額について

例:借入1800万円、返済期間35年

変動金利0.775%→月々48,946円
全期間固定金利1.13%→月々51,909円

全期間固定金利よりも変動金利の返済額の方が約3000円も安くなります。
但し、変動金利は、現時点の金利ですので金利上昇による返済金額の上昇のリスクがあります。

◆営業マンの多くは、変動金利を勧めてくる

「今は、金利が低いからとりあえず変動金利で組んでおいて金利が上がったら固定金利に借り換えては?」
「殆どの人が変動金利の住宅ローンを借りていますよ!」
「フラット35なんて使っている人いませんよ!」
などは、不動産会社の営業マンがよく言うセリフです。
なぜ、営業マンは、変動金利を勧めてくるのでしょうか?
それは、営業マンが物件を売るために金利が低い変動金利の返済額を買手側に見せたいからです。
「月々4万円台の支払い!」の方が「月々5万円台の支払い」よりも響きが良いです。
変動金利で計算して少しでも安く返済が楽に見せれば、その分、買手側は、安心します。
営業マンが、上記のような言葉で変動金利を勧めてきたら要注意です。


◆各リスク対策法

1.変動金利による月々の返済額の上昇リスク対策

変動金利0.775で住宅ローンを組んでも、仮に将来、変動金利2.475%に金利が上昇した場合、
月々64,108円となります。
月々の返済金額が上昇するということは、返済が苦しく(出来なく)なるリスクも上昇するということです。

変動金利を選択するのであれば、もしも金利3%になったら返済できるか?
など、予め金利上昇による返済額上昇を想定することが大切です。


2.変動金利による金利上昇による未払い利息の発生リスク対策

金利が上昇しても返済金額は、1.25倍までしか上がらないと説明を受けて安心させようとする営業マンがいます。
しかし、その1.25倍ルールには、もっと恐ろしい本質が隠れています。
金利が上昇しても返済金額が1.25倍までしか増えないということは、急激な金利上昇が起きた時に、毎月支払うべき利息の金額が返済額よりも多くなってしまうと未払利息が発生する可能性があります。

この“未払い利息”の現象が発生した場合、一般的に、未払利息に対してさらに利息がかかることはありませんが、未払利息の分は通常の返済とは別に支払わない限り、翌月以降、返済終了時まで蓄積されていきます。場合によっては、通常の返済が終わっても、未払利息分のローンが残ってしまう可能性もあるのです。

従って、変動金利で長期の住宅ローンを借りた場合、“月々の支払が増えるリスク”と“急激な金利上昇が起きると未払い利息が発生”するリスクがあるのです。

この“未払い利息”を確実に回避するためには、全期間固定金利を選択するということにつきます。
もしくは、頻繁に一部繰上返済を行ない、早期返済を目指すことも良い方法です。


3.病気、怪我による収入減少リスク対策

病気や怪我などで働けなくなり住宅ローン返済が滞るリスクもあります。
これら収入減を回避するには、ガン保険特約付や3大疾病特約付の団体信用生命保険に加入すると良いでしょう。
この特約付の団信に加入した場合、例えば、ガンになった場合、住宅ローン残債が保険金で一括返済されるというものです。※皮膚がんは不可
各金融機関の住宅ローンでは、3大疾病や8大疾病特約付の団体信用生命保険を用意しています。
金利が少し高くなりますが、最近では、万一に備えて加入する方が増えています。


4.失業による収入減少リスク対策

これが最も恐ろしいかもしれませんね。
しかし、失業しても生きていかなければなりません。
失業しても食べていくために再就職しなければなりませんし、その間は、パートやアルバイトして食いつなぎます。
生きるためには、住むところが必要です。
仮に、家族3~4人で郊外の安めの賃貸アパートを借りても賃料4~5万円は、かかります。
ならば、住宅ローン返済額は、4~5万円以内に抑えては如何でしょうか?
どこに住んでもかかる経費と同等以下に抑えれば、アパートに住んでいても住宅ローンを組んで家を買っても同じリスクとなります。
厳密に言うと、固定資産税が年間10万円前後かかりますけど、その分も考慮して住宅ローンを組めばよいのです。


◆住宅ローン返済地獄に陥らない方法のまとめ

1.全期間固定金利を選択する
2.3大疾病特約付の団信に加入する
3.もしも失業してアルバイトになっても支払できる返済額に抑える

以上の3つを守れば、住宅ローン返済地獄に陥らないと思いますよ。

住宅ローンについて以下でも詳しく解説していますのでご参照ください。

http://www.0systems.com/index-m03.html

長文になりましたがご理解頂けましたでしょうか?
お役にたてれば幸いで御座います。

質問した人からのコメント

2017/5/11 16:52:48

すごい丁寧に書いてくれて有難う御座いました!
安心しました!

回答した専門家

田中勲さんの写真

田中勲

不動産業

欠陥住宅評論家が仲介手数料無料で住宅購入を支援

・ ・ ◆専門家としての運営サイト ・仲介手数料無料のゼロシステムズ ・非破壊検査の田中住宅診断事務所 http://www.0systems.com/ ◆テレビ・ラジオ番組出演歴 http://www.0systems.com/media.html ◆著書 『こんな建売住宅は買うな』(幻冬舎出版) ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

「住宅ローン」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yosoyuyunoさん

2017/5/810:08:18

今、貯蓄できていますか?
仮にある程度貯蓄できているのであればですが、


今の家賃>住宅ローンの返済額、固定資産税月割り

であれば、何とかなります

でも、この>マークが反対を向いているのであれば、購入貧乏になります

1 諸経費200万程度は現金で用意していること

2 現実的に1800万の住宅は、土地の価格にもよりますが、20年も住めはかなりメンテが必要となります。
つまり、住んだ時から劣化が始まると考えてください

3 手取り数字でしかありませんが、今のご主人の収入からは返済可能な金額かと思います(ほかに借り入れなどしていなければ)

諸経費分をきちんと確保しているかにより、購入してもよいかと思いますよ、諸経費もないのであれば、おやめになられた方が良いかと思います

ただ、貴方も働くことが条件です

jimny134rさん

2017/5/810:01:53

まず、所得や家族構成などを考えて、幾らなら毎月返済が可能か考えましょう。
今だって、家賃などを支払っているので、毎月の返済可能な金額はわかるはずです。
そして、固定資産税や修繕の積み立ても考えましょう。
そのた、お子さんの教育費なども。

次に、ローンを組んでも、諸費用(税金や手数料、保険料等)が現金で必要となります。その費用が現金で用意できますでしょうか?
それでいて、ご家族のために、緊急用に100~200万円程は貯金が必要ですよね。

仮にですが、今まで、あまり貯蓄が出来なかったとして、その家計を大幅に見直さなければ、新築の家の購入、購入費や返済額、積立金などに対応することは不可能です。
急に何とかなる話ではありません。

否定するのではなく、不安として伝えて、一緒に考えてはいかがでしょうか?
セールスマンは、売ってしまえば、他人ですので知らんぷりです。

2017/5/809:34:59

相談者の考え方を変えるのが最も簡単な方法になります。
そもそも、一家の大黒柱の収入を安月給などと書いている点から改める必要があります。どのような家族なのかはわかりませんが、少なくとも家族のために毎日仕事をしていることだけは、事実ですし、その収入を家に入れずに遊んでいるわけでもなさそうです。
住宅ローン地獄とは、返済可能金額以上のローンを組み、収入以上の返済額になったことで陥る生活苦のことを言います。
月額だけしか記載されていませんので、総年収額が不明ですが、仮にこの金額を12倍した場合での計算結果が、35年間住宅ローン融資額として1300万円程度になります。1800万円には、500万円程度足りていませんが、この程度の金額であれば、返済努力をされると問題のない範囲での借り入れと言えます。年間支払い金額も70万円前後になりますので、何ら問題のない範囲です。パート収入だけでも、一般的なパートであれば、可能な金額です。
将来が不安と書かれていますが、主人が亡くなった時の不安はないのでしょうか?
今の暮らしを維持することは主人がいて初めて実現することです。
無くなれば、生活面での苦労は、甚大です。住宅費用を賃貸のケースは、住み続ける限り、支払う必要が出てきますが、住宅ローンを組んでおれば、住まいだけは確保できます。
この点においても、生活の基盤が主人の命を担保にして、できているという安心感を持つことができます。
夫婦で頑張って、共に強く安心して生きてゆくために、マイホームを得れるということは、幸せなことだということをよく認識されると不安も無くなることでしょう。

2017/5/800:43:23

収入 が、途絶えたとき。

等 考えられる 状況を想定して
返済出れば♪

2017/5/800:02:50

新築誰でも憧れますよね!ただ新築を建てた人によく聞くのは、ローン以外にこんなにお金がかかるとは思っていなかった。です。家電、家具、その他もろもろ購入したり、設備面を整えるのにも何十万もかかったりします。意外にも光熱費がかかったりして生活が苦しくなったりします。そうこうしてるうちに車を買い替えたり、お子さんがいらっしゃるなら、大きくなればなるほどお金が必要になります。それらを踏まえた上でご主人と話し合い、もし支払いが苦しくなった時質問者様も働かざる得なくなったときに、家事育児の分担は出来るのか。お小遣いが減っても大丈夫なのか。もう一度話し合ってお互い納得した上でローンを組んだほうがいいと思います。マイホームを建てて離婚になる夫婦…多いです。応援しています!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。