ここから本文です

人口過密なのに人手不足なのは女の労働力が低いからですか?

アバター

ID非公開さん

2017/5/2402:14:44

人口過密なのに人手不足なのは女の労働力が低いからですか?

日本ってかなり人口過密ですよね。
だってこんな狭い国に1,27億もいるし
生産年齢人口も減っているとはいえ6千万ぐらいはいます。
それなのに深刻な人手不足になっています。
欧州とか北米などだと移民をいれても人口なんて5千万もいない国が大半です。
それでも日本ほど人手不足になっている国は少数です。

これってやっぱり日本の女の労働力が低いからですかね?
女の労働力はパートを労働力にしてでも先進国で2番目に低い(一番低いのが韓国)

そういえば専業主婦がいなくなる、または今いる専業主婦が全て社会に出すと
GDPが4%以上あがるみたいのをやっていましたね。
現状、日本は一人当たりのGDPが世界20番目ぐらいとかなり低い。

閲覧数:
127
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

2017/5/2407:42:24

それだけではない。

世界一長い休日数。

サービス業を中心に徹底的に低い労働生産性。

労働忌避の徹底したゆとり志向。

客が偉くてサービスする側は奴隷だとする世界標準から逸脱した労働蔑視。

受動喫煙ばかり強調する間の抜けた厚生労働行政。

飛び抜けて多いニート率。

働く奴が居なくなって当然だ。

アバター

質問した人からのコメント

2017/5/30 12:11:15

そういえば、昨日に日本の若年ニート率がついに170万を超えて10%を超えたと報道されていましたね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ret********さん

2017/5/2818:36:14

・日本が決して景気回復したとは言えないのに、完全失業率が3%未満です。これは日本のGDPに比し、生産年齢人口が非常に低くなったからだと思います。
・完全雇用に近いことは我が国にとって決して悪いことではありません。
安易に外国人労働者を受け入れることなく、人手不足をチャンスと捉え、我が国の生産性を向上することが実質賃金引き上げ、GDP拡大の道です。
・決して日本の女子の労働力が低いのではないでしょう。また最近、主婦層の社会進出が叫ばれています。これ自体は悪くないことですが、デフレ脱却できないため、夫の賃金が上がらないため、主婦層が働かざるを得ないのではと案じています。主婦が労働力化することはいいことですが、そんな安直な方法でなく、労働生産性を上げることが日本にとって本質的な課題です。政府もただ財政縮小を図るのではなく、生産性向上への研究開発費を大奮発すべきです。

u7m********さん

2017/5/2412:31:25

人手不足の業種をみれば一目瞭然ですよ。
長距離のトラック運転手、宅配便ドライバー、土木建築作業員、深夜営業の飲食店従業員、IT技術者・・・・みんな女性が苦手とする職業ばかりです。まして主婦には無理です。一方で誰もが志望しそうな大企業の事務職や公務員は圧倒的な求職難です。
どの国もこういう職業から移民を受け入れるようになります。決して人口だけの問題じゃありません。
それと主婦や無職の者を労働市場に駆り出したとしても、にわかにGDPは上がりません。過剰競争やってる業界にいくら人手をかけても企業の利益が減るだけで、国全体のGDPは上がらないのです。新規の有望な産業分野を生み出さない限り、GDPは上がっていきません。個人家計が多少潤うだけです。
女性の社会進出に期待するのは、本来は男性だけでは生み出せなかった新たな付加価値の創造だったのですが、今のところ成果が上がってませんね。一部の男性の代わりに女性が座っただけです。むしろ育児や介護が国の負担になって全体の生産性を引き下げてるように思います。

alb********さん

2017/5/2408:29:08

普通の国では日本より人手不足ですよ。
人手不足が日常なので特に騒がないだけです。

概ね、インフレは人手不足、デフレは人余りと思っていいです。
リーマン前までは世界でデフレに陥ったのは日本だけなので日本だけが人余りだっただけで、それが通常に戻りかけているから人手不足だと騒いでいるのです。

景気というのは単純に言ってしまえばお金の量でいくらでもコントロールできます。
お金を増やすと需要が増えます。
需要が増えると企業は増産しようと雇用を増やします。
労働力はいずれ必ず限界を迎えますんで、そこから先は賃金をあげないと労働力を確保できなくなります。
賃上げした企業が労働力を獲得し、賃上げできない企業は倒産するのです。
賃上げ分は価格に転嫁するので物価が少しづつ上昇します。

つまり、物価上昇の源は賃金上昇にあります。
賃金は労働力をフル活用してこれ以上増やせなくなって初めて上昇します。

このような原理がありますんで、金融政策でお金の量をコントロールして景気を平準化しています。
お金の量でどうにでもなりますんで、人口とか生産性とか全く関係ありません。
需要と供給が一致するためには供給に合わせた需要量が必要であり、需要=お金の量と言えます。
つまり景気=お金の量です。


一方、成長率というのは生産性×労働力です。
なので人口や生産性が重要です。

ただし、生産性があがっていないのにただ労働力を増やしたのでは必ずしも豊かになったとは言えないんじゃないですかね。
働いた分だけ所得が増えた、それだけです。
景気の場合は生産力があるのにもて余しているもったいない状態なので改善する必要がありますが、労働力が減ったために生産力もその分減るのであれば豊かさとしては変わりありません。

cat********さん

2017/5/2406:31:51

働かなくても生活出来るなら好きにしてもらった方が良い。

人手不足は悪い事だけでは有りません。

人手不足→待遇改善、賃金上昇、失業率改善、新卒ほぼ完全雇用。

人手が余っているなら逆の事が起こります。

GDPを余り気にしない方が良い。

スイス→ビックマック価格741円、日本→380円

物価が違います。

kin********さん

2017/5/2403:34:04

選り好み で、と思います。

賃金安い。
汚い。
長時間。
etc

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる