ここから本文です

生命保険の代理店営業について。 保険会社が、来店型ショップ等に対して営業す...

アバター

ID非公開さん

2017/5/3117:04:15

生命保険の代理店営業について。

保険会社が、来店型ショップ等に対して営業する場合、営業職員に求められる結果は

代理店に商品を扱ってもらうこと/代理店を介してお客さんに商品を買っ

てもらうこと

のどちらでしょうか?両方でしょうか?
両方であれば、二つの観点の比重はありますか?

閲覧数:
413
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ham********さん

2017/6/215:20:31

両方でしょう。

商品を数多く売ろうと思えばふたつが両輪です。
比重に関してはケースバイケースでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ckb********さん

2017/5/3117:46:07

保険会社の代理店営業の仕事は、取引のない代理店に自社の商品を扱ってもらう代理店開拓と、代理店契約を締結した代理店によりたくさんの商品を販売してもらうことの二つが大きな柱になります。
この二つはそれぞれ目的が違うので、両方とも重要なウェイトがあります。
特に後発の外資系生保などでは、まず前者の取扱代理店を増やすことが求められますが、最終的には売上が増えなければ意味がないので、どちらも重要と言うことになります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる