ここから本文です

松本清張ファン、この指とまれ!! 私はかつて推理小説なるものを軽蔑し愚弄し...

akk********さん

2017/6/707:54:43

松本清張ファン、この指とまれ!!

私はかつて推理小説なるものを軽蔑し愚弄していた。人殺し、アリバイ崩しをネタにして印税で飯を食うなんて・・・。そして読むやつも読む奴だ、と。

それを一変させたのが巨匠・松本清張

40年前、高一の時病院待合室で暇で暇でしょうがなかった。本棚にはマンガ本多数と一冊の松本清張「点と線」。マンガ本を見ない(見たくない)私は鼻先で「フン!、松本清張か」と白眼視しながらあまりの退屈さに仕方なく「点と線」を取った。
そしてハマった。推理小説にいや、松本清張にだ。【フ~ン、これが松本清張なんだ】
高校時代ろくに勉強もしないで、松本清張を読み漁った。通学途中は当然、授業中も何のその。

そこで松本清張ファンに質問です。
あなたが最初に出会った本の題名、そしてあなた自身が選ぶ「清張ベスト5」は?

私は
第5位:「二階」
第4位:「霧の旗」
第3位:「影の車」
第2位:「地方紙を買う女」
栄えある第1位は、「確証」

閲覧数:
80
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dtb********さん

2017/6/1020:58:59

最初に出会ったのは確か「水の肌」だったと思います。私の場合は20代の半ば頃に毎週日曜の午後に短編を片っ端から読んでいたのが始まりです。
私のベスト・ファイブは
第5位:「空白の意匠」
第4位:「共犯者」
第3位:「留守宅の事件」
第2位:「潜在光景」(影の車)
第1位:「顔」
「好き」というよりも「印象に残っている」作品で、まさに「みんな違ってみんないい」という感じです。
でも他にも好きな作品は数多いですし、順位を付けるのも難しいのですが。
(ただこれが「映画化作品」となると全然違ってくる。
第5位:「ゼロの焦点」
第4位:「点と線」
第3位:「天城越え」
第2位:「鬼畜」
第1位:「砂の器」)
しかし本当のことを言うと、私は清張の「社会派ミステリー」よりも、どちらかというと「時代小説」の方が好きなのです。
「無宿人別帳」のような。

  • 質問者

    akk********さん

    2017/6/1209:21:45

    回答ありがとうございます!

    「共犯者」、「顔」、「鬼畜」確かにいいですね。

    「一年半待て」もなかなかですよね。

    映画の「砂の器」は、丹波、加藤、森田、緒方、島田陽子ですね。最高傑作です。「鬼畜」はTV放映されたビートたけしのしか知りませんが見ごたえありました。

    私、家が福岡なのでいずれ北九小倉の「清張記念館」を訪れてみようと考えています。

    参考になりありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aru********さん

2017/6/1411:36:18

やはい点と線日本推理小説の原点時刻表を使ったトリック最高です。次は砂の器病気の差別が生んだ悲劇を描いた社会派推理小説何年か前スマップの誰かが主演でテレビドラマになったけど原作とあまりに違うのでがっかりした。次は西郷札、地方紙を買う女もいい清張は名作が多すぎて選ぶのに困る。

mil********さん

2017/6/1316:28:06

私も30年位のファンです。

順位はつけれませんが砂の器が好きです。

松本清張は地形を交えた風景の描写、読んだ後の余韻がたまりません。時代背景も好きです。

まだ霧の旗、黒革の手帖、けものみちを読んでいません。
もう新刊が出ることがないので、もったいない様な気がしてなかなかな読めません。

二階…読んだことがないかも知れません。
気になる題です。
短編でなんとなく思い当たるものがある様な…ない様な

書庫あさってみます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる