ここから本文です

トランジスタのベース接地回路の電流増幅度がIC/IEの増分でエミッタ接地回路の電流...

han********さん

2017/6/712:28:32

トランジスタのベース接地回路の電流増幅度がIC/IEの増分でエミッタ接地回路の電流増幅度はIC/IBの増分、この違いはなんですか?IBから電流が入るから入力がIBではないのですか?

一体何が起きているんでしょうか???

閲覧数:
262
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cda59104さん

2017/6/714:30:33

NPNトランジスタにしろ、PNPトランジスタにしろ、3つの電極のうち、コレクタ電極の電流、コレクタ電流を100%と考えます。コレクトは英語で集めるなんで、この100%の電流の大部分(98%とする)がエミッタ電流として、エミッタに流れてゆきます。
その差額の100-98=2%がベース電流です。

通常、電流増幅率は、α=IC/IE、β=IC/IBというように
コレクター接地回路では、ベースが入力、エミッターが出力、βが.入出力間の電流増幅率となります。
ベース接地回路では、エミッターが入力、コレクターが出力、αが、入出力間の電流増幅率となります。
エミッター接地回路では、ベースが入力、コレクターが出力、βが、入出力間の電流増幅率となります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kok********さん

2017/6/713:33:28

ベースは接地されているのですから入力はIBではなくICです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる