ここから本文です

溶解度の計算について教えて下さい。 下記の計算問題について、私の計算が答えと...

dai********さん

2017/6/800:46:50

溶解度の計算について教えて下さい。
下記の計算問題について、私の計算が答えと一致しません。

どこが間違えているか分からないので教えて下さい><

【問題】
「80℃の塩化カリウムの飽和水溶液200gを、20℃まで冷却したときに析出する量はいくらか?」
※20℃及び80℃の水100gに対する塩化カリウムの溶解度はそれぞれ35g及び50gとする
【答え】
20g
【私の計算。。】
・80℃/飽和水溶液200gの溶解量⇒(50/(100+50))*2=66.6g
・20℃/飽和水溶液200gの溶解量⇒(35/(100+35))*2=51.8g
・析出量 66.6-51.8=14.8g??

閲覧数:
267
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hdi********さん

2017/6/801:17:45

・20℃/飽和水溶液200gの溶解量⇒(35/(100+35))*2=51.8g

ここに間違いがあります。飽和水溶液200gというのは、水の質量と溶けている塩化カリウムの質量の和が200gということです。ですので、温度が下がってKClの一部が析出すると、その析出分の質量は200gから差し引かなければなりません。つまり20度においては飽和水溶液の質量を200gとして計算してはならないことになります。

正しくは、次のようになります。
析出量をx(g)とする。
はじめに溶けていた量→質量濃度が1/3なので、200x 1/3 =200/3 g
20度の飽和溶液の濃度→35/135
20度において溶けているKClの量→(200/3)-x g
20度における飽和水溶液の質量→200-x

よって、20度における飽和溶液の濃度について、(200/3 - x)/(200-x) = 35/135

これを解けばx=20 と得られます。

質問した人からのコメント

2017/6/10 11:07:24

なるほど。納得できました!!
ありがとうございました^^

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

wab********さん

2017/6/807:31:35

20℃では結晶が析出するために

飽和溶液の質量=200-析出した結晶の質量

となります。

したがって、20℃では

溶質:溶媒=35:100=x:200-66.6

x=46.7[g]

したがって析出量は、

66.6-46.7=20[g]

または、溶媒100gの飽和溶液80℃から20℃に冷却した時、

析出量=50-35=15[g]

なので、析出量をxgとすると、

50-35:100+50=x:200

x=15×200/150=20[g]

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる