ここから本文です

知財コーポレーションとは、知財部が、外国出願するとき翻訳を知財コーポレーショ...

アバター

ID非公開さん

2017/6/1707:00:06

知財コーポレーションとは、知財部が、外国出願するとき翻訳を知財コーポレーションにさせてあとは国内の特許事務所を使わずに直接出願するときに使うんですか?現地とのやりとりくらいは、翻訳

できるでしょうし(最悪、インターネットで)出願方法はパリルートでになるんですかね?

その方が、コスト的に安くすむんですか?

閲覧数:
75
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fjcp9007さん

2017/6/1822:16:08

>知財コーポレーションとは、知財部が、外国出願するとき翻訳を知財コーポレーションにさせてあとは国内の特許事務所を使わずに直接出願するときに使うんですか?
⇒同社にお尋ねになるべきことでしょう。
(同社サイトによれば顧客の要望に応じて、臨機応変に対応するようです。)
http://www.chizai.jp/translation/patent-filing_J.html

>出願方法はパリルートでになるんですかね?
⇒それは出願国に応じて依頼主の決めることでしょう。パリルート以外にも、国によってはPCTルートも可能でしょうから。

>その方が、コスト的に安くすむんですか?
⇒国内弁理士を介する場合と比較して、国内弁理士のアドバイス等が無い代わりに、国内弁理士手数料の分、安くなるということでしょう。
国内事務所によっては、外国案件に関しては国内弁理士のコメント不要といえば、同社と似た費用感になるのでは。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。